2005年08月08日

緊急回答要請!

いよいよママチャリで北九州をスタートした二人が分岐点に差し掛かっています。
以下はhanaさんのブログのコピーです。
どなたかアドバイスできる方はコメントに書き込んで下さい。



関門海峡に近づいています
時間と手間はかかりましたが、無事チャリをゲットし、二人は走り始めました。
やはり日中はアツイので夜に距離を稼ぎたい所。ですが夜は同時に危ないので気を付けて欲しいところですが。

今現在関門海峡(北九州とから山口に至る)へと向かっています!!
今日の内に山口県に入ろうというつもりです。山口県に入り、県を東西に突っ切るために、ルートが二つあって迷っています。
一つは国道2号線、もうひとつは190号線。2号線の方が距離的に短いのは明らかなのですが、190号線よりも山寄りで、坂が多い予感。

どなたか山陽を走ったことのあるかた、知っている方、教えてください!!

今まさに進んでいるんだと思うとこっちまでどきどきしてきます。
posted by ヒロ at 22:35| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ日本縦断の二人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

冒険、日常からの脱出!

輪行1.jpgのぞみはかなう.jpg

ママチャリの二人もいよいよ出発ですね!二人を応援して記事を書いていると自分もどこかに出掛けたくなります。

九州から北海道までほどでなくても、日帰りでも一人でぶらっと走りに出るとそれなりに冒険を堪能できます。家から自走していくといつもと同じところを走る時間が長くなり冒険気分が半減するので、出発点まで輪行することをお勧めします。そうすると一気に旅人の気分になれます。往復に新幹線を利用すると時間を稼ぐことができるので日帰りでもかなり走行時間が取れます。

去年の夏、私は早朝の新幹線で熱海まで行き、時計回りで伊豆半島を一周し沼津まで走って夜の新幹線で帰りました。予想より西海岸のアップダウンがあって時間がかかり、その結果真っ暗な林道を獣の声にびくつきながら走ることになってしまいましたが、想い出に残る経験が出来ました。(その時の様子はまた後日紹介したいと思います。)

こんな風に日帰りでもちょっとした冒険ができます。夏休みの一日をいつもとは違う一日にしてみませんか。旅に出たい、日常から脱出したい、冒険してみたいという気持ちはだれにでもあると思います。そんな気持ちを実現するのに夏休みはまたとない機会です。ママチャリの二人を応援しながら、自分でも一日、北海道を目指す二人の気分になって走ってみるのはいかがでしょうか。そうそう、二人が近所に来たら輪行して行って二人の伴走するというのもいいかもしれませんね。

二人の日本縦断の、そして、みなさんの冒険の、のぞみがかなうことを祈っています。


【アンケート】みなさんの自転車生活について教えて下さい。




ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。

posted by ヒロ at 14:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ママチャリ日本縦断の二人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ママチャリの走行距離についてのコメント

ゥ転ヤ旅行3.jpgゥ転ヤ旅行2.jpgゥ転ヤ旅行1.jpg

私の「ママチャリ日本縦断の二人へのアドバイス」で書いた一日の走行距離120kmについていただいたコメントをまとめて紹介したいと思います。コメント頂いたtoshさん、「て」さんともにツーリングの経験が豊富なようで、走行距離のみならず、「冒険」に対する考え方が味わい深いので最後まで読んで下さい。

【by toshさん】ママチャリで一日120kmってキツくないですか?
ワタシは、ツーリング車ですが、一日80kmで計画します。巡行30km/h、平均10km/hです。休憩も取らなきゃいけないし、上り坂もあるし、荷物も持っているので、ワタシはそんなもんしか走れないです。

【by ヒロ】
toshさん、コメントありがとうございます。私はロードバイクで一日180〜190kmほどですが、ツーリング車で一日80kmならママチャリで120kmはきついかもしれませんね。ちょっと欲張りすぎたでしょうか。他に経験値をお持ちの方はコメントをお願いします。

【「て」さん】
ヒロさん、こんにちは。「て」です。
 私も直感的にママチャリで120kmは長すぎると思いました。ふだん、ちょっとした用事には嫁さんのママチャリを使うことも多いのですが、スポーツ自転車とは雲泥の差があります。サドルが低いまま乗るせいもありますが、少しの坂でも立ちこぎしたりします。
 荷物もかなり重いでしょう。20kg程度はあるのでは?
 私自身は、昔、ランドナーにキャンプ用品などを積んで信州を中心にツーリングしていた頃、一日の平均走行距離は100km程度で計画していました。
 ママチャリで長距離は走ったことがないので具体的な距離はわかりませんが、真夏の暑いときでもあり、無理はしないほうがいいと思います。熱中症の危険がありますし、暑さは極端にスタミナを奪います。
 toshさんがおっしゃるように、平均時速は10km/h程度までで計画しておいたほうがよいのではないでしょうか。
 先日、レンタサイクルを借りて、ママチャリを含むサイクリングを企画したとき、荷物なし、平坦路、街中という条件で、平均時速10km/hでした。

【by toshさん
ロードとママチャリの性能差は想像を絶してますよ。ママチャリだと楽に走れる速度は20km/hぐらいでしょうし、最高速度でも25km/hぐらいでしょ。重い上に剛性ないから荷物を積んだら、踏んでも加速しない。山は登れないし、ブレーキが効かないから、下りでスピード出すこともできない。 10km/h平均だってキツいと思う。

九州から大阪まではほぼ平坦だから問題ないけど、大阪から名古屋に抜けるには、鈴鹿峠を越える必要があるし、その先には箱根、さらにその先には三陸のリアス式海岸があります。結構ハードな行程なので、もっとのんびり行った方がいいですよ。平均 60km〜80km/日ぐらいで計画した方がいいんでないかな。

って、そんなペースだと、今から出発したら、夏休み終わるまでに帰って来れませんけど。

【by「て」さん】
こんばんは。「て」です。
(一部略)
 さて、何度もすみませんが、ママチャリでの一日100kmはきついのではないかと思います。先のコメントでは明言しませんでしたが、毎日走るということも考えると、長くても80km程度で計画を立てたほうがいいと思います。ただし、お二人が並外れた体力の持ち主であれば、この限りではありませんが。
 いずれにしても、計画はしっかり立ててください。著名な冒険家は、長い時間をかけてきわめて綿密な計画と周到な準備の上で実行に移すと聞きます。始まったばかりでこんなことを言うのは申し訳ありませんが、無茶はせず、無理だと思ったらコースを短縮するとか、撤退して次回に期すという勇気も必要と思います。
 健闘を祈ります。

【by toshさん
キビしいかも知れませんね。

でも、だからヤメろという気はさらさらなくて、だからこそヤレと思うわけなのです。こういうアホなこと(失礼)は若い時しかできないし、若い時にやっておくことには絶対に意義あることだと思う。

綿密な計画を立てることも大事ですが、ロクな計画も立てないのも「アホなこと」であるためには大事なこと。この日本の狭い国土で、自転車で通れるような場所なら、遭難のキケンはまずないです。1時間走って人に出会わないなんてこともないでしょう。出たトコ勝負を楽しむのもいいんじゃないかな。

ま、夏休み中にたどりつけなきゃ、学校サボればいいことだし、ゆっくりでいいんじゃないですか。最後までやり遂げれば、一生語れる思い出になりますから。


【アンケート】みなさんの自転車生活について教えて下さい。


ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。
posted by ヒロ at 13:15| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ママチャリ日本縦断の二人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

ママチャリで一日に走れる距離は?

ママチャリ1.jpgママチャリ2.jpg

昨日の記事でママチャリで一日に走れる距離は120kmと書きましたところ、toshさん、「て」さんからそんなに走れないとのコメントを頂きました。お二人は共にツーリングの経験があり、その経験に基づいて80km〜100kmで計画した方がいいのではないかと言われてます。

ママチャリのスピードについてどこかにデータがないか探しましたところ、「全日本ママチャリ12時間耐久レース」のデータを見つけました。そのレースは一周3400mのレースコースを12時間で何周回れるかを競うレースです。その結果によりますと、一位のチームが108周で、平均時速を計算しますと30km/hになります。最頻値の60〜80周で17km/h〜23km/hになります。ただし、これは平坦で信号もないコースを何人かで交代しながら走り続けた場合の数字で、信号、坂、荷物、渋滞、休憩、テント設営、食事など実際の状況を加味すると、toshさん、「て」さんが言われるように80km〜100kmで考えておいた方がいいでしょう。もし変速機がないママチャリを買ったとすると坂を上るのが大変で最悪押して歩くことになり、距離が伸びずさらに体力を消耗することになります。

と考えると、最初面白そうな挑戦と思っていた二人の日本縦断の旅はかなり厳しいものであることが分かってきました。

となると、なるべく体力を消費しないコースを選んで走らなければなりません。もうコースを決められているのかどうか分かりませんが、みなさんの経験からアドバイスをしてあげて下さい。


ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。
posted by ヒロ at 18:33| ☁| Comment(5) | TrackBack(2) | ママチャリ日本縦断の二人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

ママチャリ日本縦断の二人へのアドバイス

海の道.jpg山の道.jpg

いよいよ出発が迫ってきましたね。

私自身の経験から若干のアドバイスをさせていただきます。

1.一日の走行距離予測

  ママチャリなので巡航速度20km/h、平均時速15km/h、一日8時間走って120kmと
  いうのが適当なペースだと思います。全走行距離÷日数=一日の走行距離が120km
  より長かったらペースを上げるか走行時間を伸ばす必要があります。

2.タイヤの空気圧

  転がり抵抗はタイヤの空気圧に左右されますので、常に高めに設定しましょう。
  乗り心地はゴツゴツした感じで悪くなりますが、空気圧を下げると一漕ぎ一漕ぎの
  抵抗が大きくなり、一日の走行距離や疲労に効いてきますので大事です。

3.装備
  
  以下のものを用意しましょう。
  1)携帯ポンプとチューブ:タイヤの空気圧は高めするためと、パンク修理用には
    必携です。
  2)スピードメーター:平均時速より一日の目的地到達時刻を予想できます。
    一人が持てばいいでしょう。CATEYEのCC-MT400がいいと思います。3000円前後
    で買えると思います。
  3)服装、特にズボンは体力の消耗を極力抑えられるためにレーサーパンツがいい
    思います。もう購入済みですね。
  4)熱中症対策:帽子、飲料水の補給など忘れないで下さい。黒酢はお勧めです。

4.最初は距離を欲張らず、慣れるまでは一日100km〜120kmのペースで走るのがいいと
  思います。

5.今から自転車を購入する場合、変速機付きで、車体がなるべく軽いタイプを選んで
  下さい。変速機を操作して足の回転数を一定(70〜80rpm)に保つことが長時間走り
  続けるポイントです。

6.途中の休憩は地面に腰を下ろし、脚を前に投げ出して座ると疲労回復にはいいようです。  補給食としてはウイダーinゼリー エネルギーインがお勧めです。あと、チョコレート
  など甘い物も疲労回復には効果有りです。


ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。
posted by ヒロ at 23:38| ☁| Comment(6) | TrackBack(2) | ママチャリ日本縦断の二人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

ママチャリで日本縦断の二人を応援しよう!

人力ヤ1.jpg人力ヤ2.jpg人力ヤ3.jpg人力ヤ4.jpg

昨日紹介しましたママチャリで九州から北海道まで走ろうとしている二人を応援したいと思います。

去年の夏休み、わたしの一日の冒険として伊豆半島一周したことがあります。熱海から沼津まで209kmを走り一日の最長走行距離記録を更新しました。 その時に、人力車で東京から京都に向かうという大学生の集団に遭遇しました。一ヶ月かけて野宿をしながら京都まで人力車を押していくとのこと。自分も伊豆半島一周というmini冒険に挑戦しているつもりでしたが、彼らの企てには負けたと思いました。

その企てにも負けない冒険を若い二人が始めようとしています。二人を見守り、このブログでも紹介していきたいと思います。みなさんも応援してあげて下さい。


ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。
posted by ヒロ at 07:48| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ママチャリ日本縦断の二人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

一度の人生、やりたいことをやりましょう!

ままちゃり.jpg

今日は「バカMVP」というブログからのトラックバックがありました。クリックするとその内容にびっくり、九州から北海道までママチャリで縦断する二人のブログだとのこと。

「こういうのって若い人の特権だね!」とお決まりの文句で片付けてしまいがちですが、実はそうではありません。そういう冒険を自分もやりたいんだけど、いろんな理由を付けて自分を諦めさせていませんか? 人生たった一度なんだから、いくつになってもやりたいことがあればやるべきです。悔いを残さないようにしたいものです。

今月から夏休みを取られる方が多いと思いますが、こういう時こそ普段できないことにチャレンジしましょう。そんな時間がない?いえ、三日あれば例えば東京〜大阪間が走れます。要はやる気があるのか無いのかということです。自転車に限らず、今年の夏は思いっきりエンジョイしましょう!


ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。
posted by ヒロ at 00:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ママチャリ日本縦断の二人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。