2006年10月01日

ホノルルCR【お勧めの理由編】

ハワイの結婚式 - 1726.jpg

ホノルルセンチュリーライド【本編】に関しまして沢山の方からコメント頂きありがとうございました。みなさんホノルルCRの良さを分かって頂いたようですが、今日は参加した経験より、本編で「絶対お勧め」と書いた理由を説明したいと思います。

1.景色がいい

これは写真をご覧頂いたら言うまでもありませんが、日本でこんな景色を眺めながら走れるところはないと思います。海や空のみならずあらゆるものが日本と違い、立体パノラマの中を走っているようで飽きることがありません。
いつもは心拍計やサイクルコンピュータを見ながら走りますが、今思い出すと当日はほとんど計器類には目をやらず景色を眺めながら走っていました。

2.コース上の誘導がいい

コース上の交差点や曲がり角には矢印の書いた看板が立っていて道に迷うことはありません。さらに主要な交差点には警官が立っていて、自転車が来ると手信号で車を止めて自転車を優先して通すように誘導してくれます。これを100マイル(片道80キロ)に渡ってやってもらえるのですから、その労力たるや想像を越えるものがあります。

3.サポートがいい

20マイル、25マイル、40マイル、50マイル、75マイル、100マイルそれぞれの折り返し点がAID STATIONと呼ばれる補給所になっています。そこでは、果物や糖分、エネルギー補給のお菓子類、水、スポーツドリンクなどがふんだんに用意されていて、アメリカらしく大盤振る舞いされるので、自分でそういうものを持たずに安心して走れます。
また、ヒルクライムのゴール地点のようにはごった返しておらず、腰を下ろしてゆっくり休憩できます。

4.悲壮感がない

午前6時15分スタートで、ゴール閉鎖が午後5時30分ということは、約11時間掛けて自分の目標距離を走ればいいということになります。最長距離の100マイルを走るとして、休憩を合計3時間とっても平均時速20キロで走ればゴールできます。
さらに、自分がエントリーした距離よりももっと走れる人は走ればいいし、途中で引き返したい人は引き返せばいいというルールで「しばり」がありません。
もともとホノルルCRはレースではありませんし、上記二つのことより「悲壮眼」や「苦しさ」が全くなく、すばらしい景色と軽快なペダリングを楽しみながら走ることができます。(自転車の楽しさの原点を思い出しました。)

次回も引き続き、ホノルルCRの楽しさを紹介したいと思います。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)


2006年09月28日

ホノルルセンチュリーライド【本編】

昨日無事帰国しました。ホノルルにいる間にアップしようと思ったのですが、とてもそんな時間が無く、今日やっと時間が出来ました。これから何度かに分けてホノルルセンチュリーライドの模様をお伝えしようと思います。今日はまず本編です。

ハワイの結婚式 - 1321.jpgハワイの結婚式 - 1333.jpgハワイの結婚式 - 1343.jpg

当日はワイキキビーチの東の端にあるカピオラニ公園の駐車場に5時50分集合です。いつもならまだ眠っている時刻にこんなに沢山の参加者が集まっているとは驚きです。参加者は4000人。日本からの参加者は2000人とのこと。いつも参加しているヒルクライムレースと違い女性の姿が目立ちます。

ホノルルセンチュリーライド - 037.jpgホノルルセンチュリーライド - 039.jpgホノルルセンチュリーライド - 040.jpg

我々は50マイルにエントリーしたので100マイル、75マイルに次いで第3グループのスタートです。私が写真を撮っていたら洋子さんはさっさとスタートしてしまいました。

ホノルルセンチュリーライド - 045.jpgホノルルセンチュリーライド - 048.jpgホノルルセンチュリーライド - 050.jpg

ヒルクライムレースのような時間計測はないので、マイペースで記念撮影や休憩をしながら走ります。「悲壮感」がなく「爽快感」だけのサイクリングです。

ホノルルセンチュリーライド - 052.jpgホノルルセンチュリーライド - 053.jpgホノルルセンチュリーライド - 054.jpg

二つ目の上り坂はそこそこの坂です。しんどい人は押してあるいても全く構いません。しんどいことが嫌いな洋子さんは音を上げて歩くかと思いきや、意外とパワーがあり、最後は蛇行気味でしたが見事登り切りました。根性もあるみたいです。

ホノルルセンチュリーライド - 057.jpgホノルルセンチュリーライド - 059.jpgホノルルセンチュリーライド - 060.jpg

25マイル折り返し地点のサンディー・ビーチ・パークはエイドステーションになっており、バナナ、エネルギーバー、ドリンクの補給を受けることができます。ドリンクが入った紙コップを走りながら受け取って飲むヒルクライムレースと違い、座って休憩できるので疲労回復が図れます。

ホノルルセンチュリーライド - 065.jpgホノルルセンチュリーライド - 068.jpgホノルルセンチュリーライド - 068.jpg

コース最大勾配のハートブレークヒルは4.5%勾配が1km続く上り坂です。ヒルクライマーには楽な坂ですが、普段坂を走っていない人には少々きついようです。ここでも洋子さんは頑張りを見せて難なくクリアー。登り切るとエメラルドグリーンの海と爽やかな風の褒美が癒してくれます。

ホノルルセンチュリーライド - 071.jpgホノルルセンチュリーライド - 074.jpgホノルルセンチュリーライド - 077.jpgホノルルセンチュリーライド - 078.jpgホノルルセンチュリーライド - 083.jpgホノルルセンチュリーライド - 091.jpg

海沿いの平坦路をひた走りると程なく40マイルの折り返し点兼エイドステーションに到着。クエン酸による疲労回復効果のあるオレンジと冷たいドリンクで喉を潤して一服。洋子さんにこの後の意志を確認すると、「もういいじゃない」とのこと。目標の50マイル折り返し地点までは内陸コースで、海を眺めながら走るにはそれ以上走らないといけないことから折り返し決定。

ホノルルセンチュリーライド - 097.jpgホノルルセンチュリーライド - 100.jpgホノルルセンチュリーライド - 102.jpgホノルルセンチュリーライド - 103.jpgホノルルセンチュリーライド - 105.jpgホノルルセンチュリーライド - 106.jpg

帰りは太陽の高度が上がり頭上からジリジリと照りつけます。そのせいかゴール手前10km程の地点で洋子さんのペースが落ちましたが直ぐに木陰で休憩して回復。ペースを持ち直し12時15分頃には見事にゴール!ジェッケンで調べるのか、ゴール者の名前が日本語でアナウンスされ、恥ずかしいような誇らしいような気持ちでゴールできました。その場で完走証も発行されて持ち帰れるのも良いサービスです。

走ってみての感想は「絶対にお勧め」です。どのあたりが良かったのかはまた今度お伝えしたいと思います。

なお、当日の走行データは以下のとおりでした。
  走行時間:4時間4分
  走行距離:67キロ
  平均速度:17キロ

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年09月23日

ホノルル試走

昨日無事ホノルルに到着しバイクを2台組み立てました。バイクは無傷で届きました。ダンボール箱での空輸は問題ないようです。

startpoint.jpg.jpg今日の天気は晴れ。ホテルの目の前にはエメラルドグリーンのワイキキビーチが広がります。毎日こんな朝だとスッと起きれるのですが。ゆっくり朝食を済ませ、ホノルルセンチュリーライド事務局にジェッケンとセンサーをもらいに行き、その後軽く試走しました。ヒルクライムレースの前日のような賑わいはありませんが、それでもポツポツとサイクリストを見かけます。

tembo.jpg.jpgホノルルセンチュリーライドのスタート地点からすぐにダイヤモンドヘッドへの上り口がありますが、コースはその手前を右折し海岸沿いに進みます。ダイヤモンドヘッドの東側の道はゆるい上りになっています。上りという程の上りではないので少しパワーを掛けるだけで上りきることができます。そこで見た景色が写真の景色です。太陽の光、海の蒼さ、写真には写りませんが爽やかでドライな風は日本では経験することができないものです。

dhead.jpg.jpgしばらく走るとダイヤモンドヘッドを裏側から望めるポイントに差し掛かります。緑に覆われていない褐色の山肌がアメリカにいることを実感させます。(アメリカ在住時代によく見かけた風景なのです。)



turningpoint.jpg.jpg8キロ程走ったところで海沿いの小さな公園を見つけました。この景色もハワイならではのものです。ここでは日本人の方3人と出会いました。一人は60代と思われる男性で、会話に荒川や江戸川の名前が出ていたことから東京から来られた方と思われます。お一人でしたので単身でハワイまでいらっしゃる熱意に感服しました。ホテルの水道水を飲んでも大丈夫かと聞かれましたので、大丈夫だけどセンチュリーライド当日はスポーツドリンクを飲むことをお勧めしておきました。

nail.jpg.jpgこのテーマの主人公の洋子さんも一緒に試走したと思われるでしょうが、なんのなんの洋子さんはネールアートのお店に行ってこんな風になってきました。走るつもりあるんかいな!と思いきや、Nikeの自転車用グローブを買って来てましたから走るつもりはあるようです。おしゃれに走りたい女心の表れと好意に解釈しておきましょう。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年09月19日

InterMax号出発!

三連休を利用して自転車を梱包して18日に引き取りに来てもらえば21日出発まで余裕のよのじでパーフェクトという計画でした。

そこで17日にフォークのエンドプロテクターを行きつけのサイクルショップに貰いに行って夜から分解を始めました。1時間もあれば2台片付けられると思っていたら思わぬ障害に出くわしました。洋子さんのSirrus A1のペダルが固くて外せないのです。ペダルレンチを噛み合わせて金槌でたたいても、モンキーで挟んでまわしてもびくともしません。これは難儀やなあと途方に暮れてしばし、good ideaが浮かびました。ペダルのボルトにオイルをさしてしばらくおいて長めのモンキーで挟んでまわしたところやっと外れました。

その後は楽勝。前輪を外し、フレーム左側に固定。フォークは右に90度まわして固定して、サイクルショップでもらった段ボール箱に入れ、さらに、かさばるメットやサイクルシューズ、ウエアー類を一緒に入れて作業完了。

今日、予約しておいた運送会社のトラックに積まれてInterMax号とSirrus A1号は無事成田に向けて出発しました。

追いかけるように今週木曜日にはいよいよ我々もホノルルに向けて出発。洋子さんの練習不足は否めませんが、本人は全く心配する気配なし。水中クスーターがあるよ!と、センチュリーライドはもう終わったかのごとく関心なし。彼女の関心はもっぱらグルメと遊覧です。

そんな洋子さんとどんなハワイ道中になりますやら…
「洋子のホノルルセンチュリーライドへの道」完結編をお楽しみに!

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年09月14日

いよいよハワイ!

ライブラリ - 10095.jpg

ホノルルセンチュリーライドの事務局から必要な書類と参加賞のワンショルダーバッグが届きました。来週いよいよ出発です。

準備万端と言いたいところですが、職場が徒歩通勤圏内に移転したため自転車通勤の機会がなくなり、さらに週末も用事があってあまり乗れておらず、準備万端とは程遠い状態です。ベストの時に比べて体重は+3kg、体脂肪+3%とコンディションも良くありません。これがヒルクライムなら「えらいこと」なのですが、ホノルルでは洋子さんの伴走なので問題はありません。まあ、伴走だから特にトレーニングしなくても大丈夫という油断がこういう事態を招いたのだとも言えます。

洋子さんもほとんど乗れていないので、そちらの方が心配です。でも本人は好きなところで折り返して帰ってこられるというホノルルセンチュリーライドの「優しいルール」をフル活用しようと考えているようで焦る様子もありません。

【コカコーラ】アクエリアス リアルプロ レッド 500ml 22g×5袋こうなったら「燃料でなんとかするしかない!」と洋子さんのためにアクエリアス リアルプロ レッド(持久系)を買ってきました。リアルプロには瞬発系のホワイトもありますが、自転車には持久系のレッドが最適です。富士チャレもこれを飲んで頑張ろうと思います。効果の程はホノルルが終わったらレポート致します。ホノルルに行かれる皆さん、いまさらジタバタしても始まりません。体調を整えて、早めに自転車をパッキングして、余裕を持って出掛けましょう!

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年08月09日

ホノルルに向け行動開始

start.jpeg9月24日開催のホノルルセンチュリーライドの申込期限は8月31日です。9月下旬の大会だからとまだ行動を起こしていない方は乗り遅れないように気を付けましょう。
(個人で申し込まないといけないのは自分で旅行を手配して行く場合です。)

JALのHPを見ると個人申込みの場合は受付事務局に連絡して申込用紙を送ってもらわないといけないようだったので事務局に電話をしました。問い合わせが多いのか1時間以上にわたって何度電話してもずっと話し中で繋がりません。そんなに参加希望者が多いの!とちょっとあせりました。ネットで申し込めないか質問するとスポーツエントリーのHPでできると教えてもらいました。

 →JALのHPはこちら

 →スポーツエントリーのHPの申込みページはこちら

申込みの次にやるべきこと、それは自転車を運ぶためのダンボール箱の入手です。ダンボール箱はサイクルショップにいつでもあるとは限らないので今から頼んでおいて早めに入手することをお勧めします。

私は今日、台風による雨の合間をぬって行きつけのスポーツサイクルショップで洋子さんの分もいっしょに2箱もらってきました。JALWays便で往復すると自転車を一人一台無料でホノルルまで運んでもらえますが、117cm x 145cm x 40cm 以内という大きさ制限がありますので注意して下さい。

ライブラリ - 8114.jpgライブラリ - 8112.jpg私の車はセダンなので箱を積んで帰れるか心配しましたが、写真のように一度に2箱積んで帰ることができました。後部座席には横向きに1箱積めて室内空間の大きさに驚きました。恐るべし昔のHonda Accord!思い知ったかNissan Stagea!←この意味はいずれそのうち説明します。

自転車を分解してダンボール箱に詰める方法は、私が実際にやる頃にこのブログで紹介していたら間に合わないので、funride8月号74〜77ページを参考にして下さい。大事な愛車に傷を付けないように今からエアーキャップ(ビニールのプチプチ緩衝剤)も入手しておくといいと思います。

最後の注意です。ダンボール箱は外で見ているとそれほど大きく感じないのですが、室内に入れるととてもかさばります。それが二つもあると居場所がなくなるぐらいです。文頭に早く入手した方がいいと書きましたが、出発までの保存スペースを良く考えてからにして下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年07月30日

久し振りの多摩川CR

今日、洋子さんは久し振りに多摩川CRを走りました。先週末に同じコースを走ろうと出掛けましたが途中で雨が降ってきたので多摩川CRまで行かずに引っ返しました。今日はそのリベンジです。

洋子多摩川サイクリング - 08.jpg洋子多摩川サイクリング - 13.jpg洋子多摩川サイクリング - 26.jpg

多摩川CRはガス橋から走り始めました。堤防の上は遮るものがないので風の影響を強く受けます。風は横風ですが、若干追い風なので比較的楽に走れます。梅雨明け宣言があったので日焼け対策をし、暑さを心配して出てきましたが、風がひんやりとしていたのでほとんど汗をかかずに走れました。今日の目標は心拍数を最高心拍数の75%前後、ケイデンス80で走ることです。スピードは結果的に22km/h程度でした。

洋子多摩川サイクリング - 43.jpg洋子多摩川サイクリング - 43.jpg洋子多摩川サイクリング - 51.jpg

二子橋で登戸まで行こうか迷いましたが、日没が近かったのと、膝が痛くなるのが心配だったので折り返しました。ガンガン飛ばして走っているレーサーがいつもより少なかった気がします。みなさんもっと上流を走られていたのでしょうか?おかげでマイペースで気持ちよく走れました。印象的だったのは、ドロップハンドルで頭を前に突き出して向かってくるライダーの中に大顔だと感じた人が多かったことです。

今日の走行距離は26キロでしたが、膝が痛くならなかったことが収穫でした。ほとんど毎日やっているレッグレイズのトレーニングが効いているということにしておきましょう。次回のターゲットは登戸、その次は調布、仕上げは国立です。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年06月17日

洋子さんトレーニング再開

IMG_5758.jpgホノルルまであと3ヶ月となりました。そろそろ走って体を作っておかないと駄目なんじゃない?と私に促されて、梅雨の晴れ間に洋子さんはトレーニングを再開しました。久し振りなので無理はせず、ケイデンス80rpmで回すことを目標に走りました。スピードは問いません。河川敷を往復するコースでは川上から風が吹いていたため上りはかなりの向かい風。こういう時は軽いギヤに変速して80rpmキープ。スピードは20km/hちょっとまでしか上がりません。

上りの折り返し地点で一服していたらMTBを飛ばして来たおじさんが声を掛けてきました。話を伺うと58才で定年になって、何もすることがないのでそれ以来ずっと6年間毎日この河川敷を4往復32キロ走っているとのこと。なるほど、日焼けした脚には脂肪がなく筋肉の筋が際だっていました。乗っていたMTBについて伺うと2台目の自転車で、なんと1万円で買われたと!1台目の自転車も1万円ぐらいのもので、2万8千キロ走って乗りつぶしたとのこと。自転車にはこだわらずひたすら走ることに専念されている姿は、フレームやスペックにこだわっている我々に「自転車は走る力が一番大事なんだよ。」と言われているようでした。

川下に向かっては追い風で同じようにこいでもスピードが出ます。洋子さんも時速30キロ超で軽快に走ります。一ヶ月ほど前から始めた腿の筋肉を鍛える運動の効果があったのか、1時間ほどで20キロを走りましたが膝が痛くなることはありませんでした。

IMG_5765.jpgIMG_5766.jpg今日は好調なのか、折り返して川上に向かう時には向かい風の中、MTBの男性を抜き去る洋子さんでありました。この調子でトレーニングを続けて、洋子さんは何マイル走れるようになるのでしょうか?

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年06月07日

今年は楽園を走ろう!

自転車生活入門で紹介していますサイクリングやヒルクライムは長距離であったりしんどい上りであったりして、楽しい自転車生活とはすこし違うんじゃないの?と感じておられる方もいらっしゃると思います。

そんな方へのお知らせです。心から楽しく走れそうなイベントがあります。それがホノルルセンチュリーライドです。詳しくはJALのHPをご覧下さい。待ちに待ったツアー情報がついに公開されました。

「Hawaii」という単語には多くの人が引き付けられる魅力があるようです。特に女性に対しては効果抜群のようです。職場の仲間と話していても、自転車には興味がない女性がホノルルセンチュリーライドは知っていたりします。
今日コメントをいただいたRyoさんもそんな一人なのかなあと想像します。

今から今年のことを締めくくるのは早すぎますが、今年一年頑張って走って伸ばしてきた実力の確認、あるいは自分へのご褒美に、また、ちょっと発想を変えて、これから自転車生活を始めるぞという決意表明に参加するという考え方もあると思います。

費用や休みの関係で誰でも気軽に参加できるというものではありませんが、楽園を走るというというのも自転車生活の楽しみの一つだと思います。

これは蛇足ですが、Hawaiiに行かなくても楽しく走れるイベントを企画したいと思います。たまには心拍数やケイデンスを気にせずに自転車仲間とおしゃべりしながら楽しく走れるようなサイクリングもいいと思います。Hawaiiに負けない夏の快晴の一日にそんなサイクリングができるコースの情報があればコメントでお寄せ下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年05月21日

筋トレで分かった洋子さんのウィークポイント

洋子さんは30km程走ると膝が痛くなるという悩みがありました。膝が痛くなる原因として考えられるのはサドルが高すぎてペダルの下死点で脚が伸びきってしまっていることですが、その点については今中方式で調整したので大丈夫です。だとすると残る可能性は膝の周りの筋肉や靱帯が弱いことです。

IMG_4871.jpgそこで、膝の周りの筋肉を鍛えようと、「フロントランジ(Front Lunge)」と呼ばれる運動を始めました。すると、片方の脚を前に踏み出した時にその脚で体重がちゃんと支えられず、体がふらついたのです。反対の脚でやっても同じでした。これで洋子さんのウィークポイントが分かりました!下半身の筋力が弱いのです。

それでは、それを鍛えるにはどうしたらいいか。二つの運動が考えられます。

一つは問題発見のきっかけとなったフロントランジと呼ばれる運動です。左の写真のように片方の脚を前に踏み出して体重を支えて戻り、逆脚で同じ動作をする運動です。正しくは左の写真よりももっと前に脚を踏み出して腰を下げ、踏み出した脚の膝の関節が90度になるようにします。


IMG_4879.jpgIMG_4880.jpg

もう一つは「レッグレイズ(Leg Raise)」と言って、上の写真のように脚を伸ばして座り、片方の膝を90度に曲げて立てて、反対の脚を真っ直ぐ伸ばしたまま上げ下ろしする運動です。

フロントランジは脚全体の筋肉が鍛えられますが、レッグレイズは太モモ全面の筋肉が鍛えられます。どちらも15回を1セットとして3セット程度を毎日繰り返すと効果があると思います。さあ、洋子さんはこれを続けてパワーアップできるでしょうか?

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年05月09日

洋子さんがDenenに行った訳

昨日お伝えした洋子さんの今年初乗りの様子で、田園調布駅前のサンドイッチデリでランチした後、「ある目的」を持ってスーパーマーケットDenenに向かったと書きましたが、その目的はこれです!

IMG_4084.jpgIMG_4086.jpg「100%純粋ピーナツバター製造マシーンのピーナツバターをゲットするため」です。右の写真に解説がありますが、アメリカ生まれのこのマシーンでピーナツを瞬時にペースト状に粉砕?し、混ぜもののない純粋なピーナツバターが得られるのです。

IMG_4087.jpgIMG_4089.jpgIMG_4091.jpg

マシンは自分で操作しますが、やり方は簡単。袋に入ったピーナツ(250g)を全部マシーンに入れて、用意されている器を「出口」に受けるように置き、スイッチをONします。

IMG_4093.jpgIMG_4096.jpgIMG_4102.jpg

するとマシンの下の「出口」からペースト状になったピーナツ、つまりピーナツバターがにょろにょろ絞り出されるように出てきて、30秒ほどですべてのピーナツがバターに姿を変えます。出方や色がちょっと他のものに似ているところがこれまた印象的です。

IMG_4104.jpg器に付いていた蓋をして出来上がり!これで税込み498円です。あの水気のないピーナツがこの機械を通すだけで、こんなベトベトしたペーストになるなんて、まるで魔法のようです。

肝心の味の方ですが、普通に売られているピーナツバターに比べて、製造過程を見ているせいでしょうか、ピーナツの濃厚な味がなんとも言えず美味しいです。甘みはそれほどありませんので、好みに応じて蜂蜜などを添えて食べるといいと思います。

IMG_4106.jpgおまけの話ですが、洋子さんが写真のようなフライ用のポテトを見付けました。こんな面白いものを発見したり、Ricakoさんに会ったり、楽しいサイクリングでした。
遠くからわざわざ出掛ける程ではないかもしれませんが、近くにお住まいの方は一度行かれたら面白いと思います。そう言えば、Ricakoさんもこの○○コを買って帰ったのでしょうか?



人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年05月08日

洋子さんついに始動!

天気にも恵まれたGW後半の5月4日、自由が丘にランチでもしに行ってみる?との誘いに乗るかたちでいよいよ洋子さんが始動しました。

自由が丘までなら10キロちょっとの道程。去年は時速25キロ程度で走れるようになった洋子さんですが、寒いからと秋以降自転車には乗っていなかった洋子さんの足慣らしにはこのぐらいの距離がちょうどいいかということで目標設定しました。

IMG_4009.jpgIMG_4028.jpgIMG_4034.jpg

巡航速度は無理をせず時速20キロ。私も「自転車乗りの悲しいサガ」を忘れてゆっくりとペダルを踏みます。多摩川CRには家族や夫婦でサイクリングを楽しむ人達を多く見かけました。田園調布が近づくにつれて立ち並ぶ家が立派になり目に入る緑も多くなります。

IMG_4038.jpgIMG_4039.jpgIMG_4041.jpg

田園調布の駅前のサンドイッチのお店まで来た時に、洋子さんは「ここでもいいんじゃないの?」と自由が丘を前にゴールしたそうな様子。天気もいいしテラスでゆっくりランチするのもいいんじゃないかとゴール決定。お店はデリになっていて、好みのパンと具を注文すればすぐにサンドイッチにしてもらえます。

IMG_4042.jpgIMG_4045.jpgIMG_4047.jpg

テラス席は生憎空いて居らず室内の席に。室内と言ってもカジュアルな雰囲気で自転車乗りの格好のままでもリラックスして食事ができます。サンドイッチ以外にもサイドディッシュが3つ付いて、これで1人前700円でした。

IMG_4071.jpgIMG_4079.jpgIMG_4112.jpg

食事の後、ある目的のために田園調布の住宅街を抜けて環状8号線沿いにあるスーパーマーケットのDenenに行きました。(「ある目的」は後日紹介します。)さすがに田園調布のスーパーの品揃えは我々庶民が行くスーパーとは違います。店内が狭い割に輸入食料品が多く、GWに海外旅行しなくても海外に行った気分が味わえました。(自転車でたった10キロ走って海外旅行とは素晴らしい!)一缶1万円以上もするキャビアが堂々と置かれているのには感心しました。

IMG_4116.jpgお店もお店ならお客もお客で、お店を出る時に偶然にも買い物に来たタレント?のMurakami Ricakoさんを見かけました。後ろ姿でしたがツーショットさせていただきました。

本日の走行距離は22キロ、走行時間は1時間30分でした。食べ物が目的なら走る洋子さんなので、フードステーションがたくさん用意されているホノルルセンチュリーライドなら、いくつフードステーションを制覇できるかという目的に替えて楽しむのがいいのでしょうか?



人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年05月01日

洋子さん始動!…の準備

IMG_3676.jpgIMG_3673.jpg春本番なのになかなか腰が上がらなかったホノルルを目指す洋子さんですが、ついに動き始めました。ホノルルセンチュリーライドに必須のヘルメットとレーサーパンツを買いに品揃えの多い新宿のワイズバイクジョーカーに行ってきました。(ジョーカー本店に行ったら移転してワイズバイクといっしょになってました。)

ヘルメットとレーサーパンツは洋子さんが嫌いな二大アイテムです。メットをかぶるとドコモダケのように頭デッカチになるし、レーサーパンツはピッチッとしすぎて私もヒルクライムレースや100km以上走る時しか使いません。

IMG_3813.jpgただし、イベント参加に必須の物は早めに揃えておかないと、デザイン、サイズ、色、値段で気に入った物が買えない場合があります。私の持論ですが、ヘルメットが1万円以上、ものによっては2万円以上もするものは理解できません。私のはアメリカで$20で買いました。気に入ったデザインでなるべく安い物を買うのがいいと思います。その為には早めにあちこち見て回ること。洋子さんはサングラス(アイウェア)に合わせて赤いメットを買いました。

IMG_3814.jpgレーサーパンツは女性にはメット以上に抵抗があると思います。洋子さんには、長距離を走る時はこぐ時に抵抗がなく、お尻が痛くならないので、上になにかを重ね履きしてもいいから絶対にこれを買った方がいいと説明し買ってもらいました。(なんでそんなに頼まんとあかんねん?)



この二つのアイテムを身に付けて洋子さんはGW中に始動するでしょうか?

4日以降に多摩川CRなどを走るイベントを企画したいと思います。スポーツバイクを始めて間もない方はいっしょに走りませんか。日程が決まりましたら案内しますのでまたアクセスして下さい。



人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年03月18日

今年のホノルルセンチュリーライド

cride38.jpg一昨日「全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍」の案内が来たことをお知らせしましたが、今日は「ホノルルセンチュリーライド」情報です。今年のホノルルセンチュリーライドは9月24日(日)開催です。JALのHPに詳しいことが掲載されていますので興味のあるかたはご覧下さい。去年の大会の様子やコースの景色がビデオや写真で紹介されているのでどんな感じの大会なのかがよく分かると思います。

乗鞍のヒルクライムレースの後にホノルルセンチュリーライドを紹介すると、センチュリーライドも乗鞍のように、あえぎながら走るような苦しい「レース」ではないかと思われる人も多いと思いますが、そうではなく楽しい「イベント」です。

cride11.jpgもちろん、100マイルの時間を競って前回より速く走ろうという人もいるでしょう。一方で、家族で、あるいは、気の合う仲間達といっしょに、景色のいいところで写真を撮りながら、ハワイの景色と風を満喫しながら走ることもできます。洋子さんは間違いなくこっちです。私もハワイだけは「自転車乗りの悲しいサガ」を忘れてこちらで行きたいと思います。

距離も100マイル(160km)だけではなく、20マイル(32km)、25マイル(40km)、40マイル(64km)、50マイル(80km)、75マイル(120km)の設定があり、走り始めてから調子によって目標を変更してもかまいません。アメリカらしいなんともおおらかなルールですね。

去年の秋以来、寒いという理由で自転車に乗っていないホノルルセンチュリーライドを目指す洋子さんに、「今日ぐらい今年の自転車デビューをした方がいいんじゃない?」と勧めたところ、「気温が20度を切っているからまだ。やっぱりハワイと同じ環境で走らないと。」とのことでした。たぶん満開の桜を見ればエンジンがかかるんじゃないか。そんな状況の洋子さんでした。



人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

2006年02月05日

代官山の隠れ家レストラン

「ホノルル」という魅力的な言葉に惹かれて宣言してしまったホノルルセンチュリーライド初出場がいよいよ今年にせまり、そろそろ本腰を入れてトレーニングを開始しないといけない洋子さんでありますが、先々週はテニスのオーストラリアオープン観戦のために会社を一週間休んでメルボルンに行き、ついでにシドニーでカンガルーやコアラを撫でてきたりと、いっこうに自転車に乗ろうという気のない今日この頃であります。

昨日も寒かったので自転車には乗らず、まずはエネルギー補給にと代官山のレストランに向かいました。

行ったのは「ラ・ジョルジーナ」。グルナビで調べて「代官山の住宅街の隠れ家イタリアン」という宣伝文句につられて行ってみました。偶然にもサイクルウェアをいつも買っているお気に入りのブランド「Peak Performance」のお店のすぐ近くでした。

IMG_0976.jpgIMG_0975.jpgお店は住宅街の奥まった突き当たりにあるのでとても静かで、どこかの友人宅にお邪魔しているようで、とても落ち着く雰囲気のところでした。全面ガラス戸の入り口の外からも見えるキッチンの向こうには若手のイケメンシェフが迎えてくれました。


IMG_0964.jpgIMG_0945.jpg夕食にしては早めだったせいか、3〜4組のお客様がはいったらいっぱいになるぐらいのお店に我々二人だけだったので、メニューを見ながらでいろんなメニューを二人で分けて食べられるようにお願いをしたり話をしながらアットホームな雰囲気で楽しく食事ができました。


IMG_0972.jpg無理にお客様を増やそうとは考えておられず、ディナーなら3〜4組のお客様を、大切に心のこもった料理で「もてなす」という表現がピッタリのレストランです。記念日のアニバーサリーコースがお勧めとのことです。まもなくバレンタインもありますからカップルにお勧めです。

ラ・ジョルジーナのぐるなびHPはこちら



人気blogランキングへ(ランクアップを応援していただける方もクリックをお願いします。)

2005年12月03日

紅葉狩りサイクリング

久々に洋子さん登場です。紅葉の最盛期を迎え、このブログでも何度か書きましたが、紅葉は自転車で行くに限るということでどこに行こか考えました。


駒沢公園.jpg私一人なら1000mの山の上にでも上がっていくのですが、洋子さんもいっしょとなるとそうは行かず、彼女でも走って行けそうな紅葉の名所をネットで検索しました。すると、奥多摩が候補に挙がってきましたが、途中まで車で行くとなると渋滞にはまること確実なので他をいろいろ探したところ「駒沢公園」に当たりました。ここなら近いし洋子さんでも問題ないということで早速でかけました。


駒沢公園2.jpg駒沢公園3.jpg駒沢公園の周辺は銀杏並木になっていて、黄色一色に染まっていました。紅葉を期待していましたが、こういう「紅葉狩り」もいいかということで、公園の中のサイクリングロードを走ることにしました。


駒沢公園4.jpg駒沢公園6.jpgサイクリングロードは公園の内周を走る一般用と、子供と安心して走れるファミリー用のコースがあります。どちらのコースも家族連れで賑わっていました。小学校低学年と思える子供が一生懸命にスピードを出して走っている姿などほほえましい光景を目にすることができました。


駒沢公園7.jpg駒沢公園8.jpg紅葉狩りだとランチは弁当となりますが、そこは趣向を変え、自転車の機動力を活かして自由が丘まで走って行き、オープンしたてのフレンチレストランでミニコースを楽しみました。こういう事が目的なら洋子さんも走ることはいとわないようです。



←ランキングアップを応援していただける方はクリックをお願いします。

2005年10月23日

横浜・元町サイクリング

MM1.jpg週末は洋子さんのトレーニングの日です。私が横浜に、洋子さんがみなとみらいと元町に行く用事があったので、トレーニングを兼ねて自転車で出掛けました。今日は久し振りの快晴で風も爽やか。絶好の自転車日より。30分程でみなとみらい地区に到着。ランドマークタワーを筆頭に連なるビル群がくっきり望めます。


MM2.jpgMM3.jpg天気に誘われてかサイクリストと多く出会いました。洋子さん気持ち良さそう。みなとみらい地区は道幅が広く片側3車線なので、左端の車線は割と車が通らないので気持ちよく走れます。





MM4.jpgMM5.jpg山下公園ではたくさんの家族やカップルが散策していたので、自転車で通り抜けることを途中で諦めずを得ませんでした。公園の前の道を走るとそこはいちょう並木。道に落ちた銀杏が車に踏まれて鼻が曲がりそうな臭いを発していました。銀杏は美味しいけど、この臭いがだめですね。


MM6.jpg本日の走行時間:2時間16分、走行距離:31.7km、最高速度:31.3km/h(下り坂でしょう)、平均速度:14.1km/h(降りて押して歩いた時も計算されるので遅いです。実際は18km/hぐらいだと思います。)でした。天気に恵まれ、用事も全部すませて、日が落ちる前に帰り着いて万々歳だと思いましたが、洋子さんは帰路、横浜あたりから膝が痛くなったとのこと。以前遠出をすると膝が痛くなることがあったのですが、最近のトレーニングでは痛くなることはなかったので安心していましたが、また痛くなるとはホノルルに向けて不安材料が残りました。




←ランキングアップを応援していただける方はクリックをお願いします。

2005年10月09日

BALS TOKYO

週末は洋子さんのホノルルセンチュリーライドに向けたトレーニングの日ですが、あいにく雨だったので、10月7日に中目黒にオープンしたBALS TOKYOに行って来ました。自転車にはなかなか乗らなくても、こういう話にはすぐに乗る洋子さんです。サイクルショップも入っているということなので、きっとおしゃれなお店だろうと期待して行きました。

中目黒1.jpg中目黒2.jpg中目黒の駅から回り道をして、目黒川沿いにあるおしゃれな店を見て回りました。すると自転車をさりげなく置いているお店に出くわしました。こんな自転車に乗ってゆっくり街を散策できたら楽しいですね。


中目黒4.jpg中目黒5.jpg大きなショッピングモールかと思っていましたが、2階建ての黒いビルでした。中には、インテリア、オーダーメイドサプリメント&酸素バー、アートフラワー、スウィーツ、そして、「ワールドスポーツバイシクルショップ」などが入っています。


中目黒10.jpg中目黒11.jpgお目当てのバイクショップはなるほどおしゃれなお店で、MTB、クロス、ロード、小径それぞれのジャンルの自転車が整然と並べられていました。台数比率と10万円以下という価格帯設定からしてクロスと小径の販売を狙っているようです。


中目黒12.jpg面白いなあと思ったのが、「紅葉」と名付けられたバイクで、フレームに紅葉の葉が描かれていました。今からはいいと思いますが、夏はちょとどうでしょうか?きっと代官山、恵比寿あたりに住む外国人狙いのバイクだと思います。




←ランキングアップを応援していただける方はここをクリックして下さい。

2005年10月04日

洋子さんトレーニング再開

洋1002.jpg10月に入って涼しくなりました。暑いからという理由でトレーニングを休むことができなくなった、ホノルルを目指す洋子さんは10月2日ついにトレーニングを再開しました。でも、その割に今日は暑かった!洋子さんは夏の装いでした。

本日の目標はケイデンス80rpmで走ること。久し振りなので心臓が大丈夫かなあと心配しましたが大丈夫。なかなかの数字が出ました!まだ若い?からかなあ。

夕焼け.jpg走行データは、問題のケイデンス:平均80rpm、最高103rpm。心拍数:平均146、最高163。スピード:平均22.3km/h、最高27.1km/h、走行距離:12.3km。ケイデンス目標は見事にクリアー。平均速度も、今までだいたい20km/hだったところを10%アップ!距離だけは夕暮れが早くなり走行不能になったため伸びませんでしたが、約40日ぶりの練習にしては立派な数字でした。

ヒロ:「このペースならホノルルセンチュリーライドは8時間で走れるなあ。」
洋子さん:「8時間も自転車に乗るつもりないわよ。」

彼女は途中で折り返しを目論んでいるようです。


ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。

2005年09月11日

女性ライダーのファッションは…

女性ライダーにとって自転車に乗る時のファッションは大事な要素ですね。しかし、洋子さんにとっては、ウェアの選択肢があまりないことが、しんどいことの次に自転車を面白くなくさせる原因の一つです。

そこで、今日はおしゃれなウェア(スカート)を探そうといろいろトライしました。

Sports屋.jpgまず、今年の5月発行のTarzan誌の「自転車が最高!」特別編集号やサイクルスポーツ誌9月号の「女性コーナーや用品に力を入れるショップ」の記事を参考に、ネットでメーカーやお店のHPをいろいろ調べましたが、わざわざ都内まで出掛けて行くほど商品はないなあという結論に達しました。そこで、今度はテニスウェアならおしゃれなものがあるだろうからスポーツショップに行って探そうということになり、近くのSports Authorityまで出掛けました。

マネキン1.jpg
マネキン2.jpg

洋子さんの勘は的中し、お店に入り口のマネキンがまさにそういうウェアを着て立っていました。さらに店内にもいろんなデザインのものがあり、しかも値段はサイクルウェアの半額程度でした。(男性用もそうですが、自転車用のウェアはなぜこんなに高いのでしょうか?)

洋試着コ.jpg
早速いろんなものを手にとって試着し、洋子さんのファッションショーが始まりました。私はどれも「ええんとちゃう」と思ったのですが、洋子さんはどれも今ひとつとのことで、結局、敢えて買うほどでもないということで空振りで帰ってきました。

残念な結果に終わった洋子さんのコメントは、
「レースをやっている人ならともかく、趣味で自転車を楽しみたい人にとっては、上から下までピタピタなのはちょっと抵抗あり。ランニング、テニスのウェアや水着は変わってきてるが、自転車のウェアは昔から変わっていない。メーカーはこうでないといけないという固定概念に捕らわれているのではないか。あるいはウェアのメーカーが自転車市場を重視していないのではないか。自転車は開発が進んでいるがウェアは取り残されている。自転車メーカーは自転車だけを作るのではなく、もっとおしゃれなウェアも開発すべきじゃないか。」とのことです。

確かに女性にとっての自転車生活を楽しくするには、ウェアのメーカーに発想を変えてもらって、機能や快適性だけではなく、もっとファッション性にも注力して欲しいですね。




【アンケート】みなさんの自転車生活について教えて下さい。

ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。

皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。