2007年04月05日

たまには自転車を裏返してみよう

先週末に流星号のサイクルコンピュータのブラケットを取り替えるために「裏返して」、というより「逆さに立てて」という方が適当でしょうか、配線をしました。

ダウンチューブやBBの裏側に泥がこびりつき、錆も出てきていました。ダウンチューブには前輪が跳ね上げた泥が当たるので仕方ないですね。いつも正立状態で見ていると気が付かないのですが、「表と裏の汚れ方の違い」に驚きました。

逆さに立てる時はハンドルやブレーキレバーを傷つけないように古いバスタオルなどを敷いてその上に立てるようにしましょう。

チェーンステーも掃除しやすくなりますので、時々倒立させてメンテナンスされることをお勧めします。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)


posted by ヒロ at 00:47| ☔| Comment(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

積極的休養

宮古島.jpg

「走りながら体力を回復する方法」の記事に関して、washiroさんから回復の理由は「積極的休養」ができたからではないかとのコメントを頂き調べてみました。washiroさんがおっしゃるとおり、「積極的休養」の説明を見付けましたので紹介します。washiroさん、どうもありがとうございました。

適度の運動により血行が促進され、筋肉疲労の原因となっている乳酸などの疲労物質が血液で運び去られたということです。疲労物質が除去されるだけではなく、酸素が送り込まれ筋肉の新陳代謝も促進され短時間で疲労が回復するというものです。

このことより、土日に家でじっと静養しているより適度の運動をする方が疲労回復にはいいと言えますし、さらには自転車通勤は、私の例で言うと最大心拍数の70%以下のペースで走って帰れば、家に帰る前に仕事の疲労が回復しているという有難い通勤方法であるとも言えます。

自転車通勤のあなた、仕事で疲労感を感じたら、ゆっくりと走って帰りましょう。積極的休養に加えて、リズミカルな運動はセニトリンという爽快感を感じさせる脳内物質を分泌させる効果もあるので、家に着く頃には心身共に元気回復しているはずです。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 23:54| ☁| Comment(3) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

夜間走行用のライトは

夜に多摩川サイクリングロードを走りました。いつも走っている道でも夜は真っ暗なので勝手が違います。堤防の上を走っているサイクリングロードは直ぐ横を走っている道路の街灯の光が届くので少しはましですが、サイクリングロードが橋の下をくぐる部分では河川敷側に下りるので街灯の光が届かず真っ暗です。

私が使っているライトはパナソニックのLD-505というモデルで、白色LEDの点滅→点灯→ミニハロゲンライトの標準照度点灯→強力点灯と4つのモードに切り換えることができます。

ブログ写真 - 1.jpgブログ写真 - 2.jpg普段は白色LEDの点滅モードで車に対して自分の存在をアピールするようにしていますが、真っ暗なサイクリングロードではミニハロゲンライトの強力モードのおかげで路面の状態が分かり(といってもかすかに分かる程度ですが)安心して走ることができました。

前々回に自転車旅行のことを書きましたが、いつもきまったルートを走る自転車通勤と違い、自転車旅行では様々な条件の道路を走ることになります。真っ暗な山道を走ることになる場合があるかもしれません。自転車旅行を考えている方は路面を照らす機能のあるライトを買っておいた方がいいと思います。

私が使っているライトはもう販売されていませんが、LEDでももっと明るいライトやミニハロゲンライトとLEDと切り換えられるものがあるようです。



人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 19:48| ☀| Comment(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

自転車旅行のバッグは?

捨ててしまったもの - 07.jpg捨ててしまったもの - 10.jpg昔、ランドナーに乗っていた頃、自転車旅行の荷物はフロントバッグに入れていました。流星号に乗り換えてからも写真のバッグを使っていました。バッグの上面には地図を入れられるようになっていて、いちいち停まって地図を見る必要がなく、重宝していました。

捨ててしまったもの - 14.jpg捨ててしまったもの - 21.jpgバッグは取り外すとベルトを取り付けてショルダーバッグにすることができました。このバッグを見ると今までに旅した行程や宿のことを思い出します。小旅行にはフロントバッグだけでは足りないので右の写真のような大きなサドルバッグも使っていました。

これらのバッグもロードレーサーにはキャリアがなかったり、フロントバッグはハンドルが低すぎてタイヤに当たるので使えません。では、どうするのか?

最近はシートポストにフックを取り付けて、それに引っ掛けられるようになったバックパック式のサドルバッグがありますが、InterMax号のカーボン製のシートポストはそんなに頑丈ではありませんのでフックを付けたりするのは危険です。

そこで登場するのがバックパックです。但し、バックパックは大切な背中からの放熱を妨げるのでできるだけ通気性のいいものを選ばないといけません。

写真のドイターのスーパバイクは自転車専用にデザインされたバッグで、乗車姿勢に遭わせた形状になっていて、背中の通気性もいいのでお勧めです。
でも、欲を言うと、背負わないで自転車に取り付けて楽に走れるバッグが欲しいですね。ロードレーサー用にそんなバッグをご存知の方がおられたら是非教えて下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 00:25| ☀| Comment(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

自転車旅行のポイント

前回は自転車旅行のお勧めを書きましたが、今日は自転車旅行の日程を決める時に大事なことを紹介します。

ポイントは三つ。天気、風、太陽です。
では、順に説明します。

【天気】
だれでもそうだと思いますが、雨の中を自転車で走るのは不快で一番避けたいことです。だから自転車旅行は雨が降らない日を選ばないといけません。そのためには「早くから日程を決めないこと」です。
週間天気予報を見て「今週末に行こう!」と決めるのが一番確実です。また、旅行日程が長くなればなるほど雨に遭う確率が高まりますので、「一泊二日」をお勧めします。

【風】
雨についで嫌なのが向かい風です。巡航速度がガクンと落ちて距離が伸びず、疲労が蓄積します。宿を予約していたら途中で止める訳にいきませんので到着が遅くなるうえに疲労が高まり翌日の走行に影響を及ぼす可能性があります。避けたい風は季節風の風です。

【太陽】
太陽と書けば「晴れ」だから自転車旅行には良さそうですが、真夏の晴天は暑すぎて熱中症の危険を伴いますので避けたいものです。私は比較的暑さには強いので真夏の長時間走行も平気ですが暑さに弱い人は真夏の晴天は避けた方がいいと思います。

以上を総合すると、自転車旅行のお勧め時期は「春から初夏と秋」に「天気予報で晴れの予報が出た連続する二日」に「一泊二日」でということになります。暖かな季節だと薄着でいいので荷物も少なくて済みます。

以上を指針に良い日を決めて自転車旅行に出掛けましょう!

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 00:38| ☔| Comment(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

自転車で小旅行

山梨出張 - 01.jpg先週、甲府に出張しました。中央線を走るのは久し振りです。前に行ったのは塩山まで輪行し、そこから日川林道を通り、青梅街道に入って柳沢峠を越えて奥多摩湖に出て青梅まで下るルートでした。その時はまだInterMax号はなく流星号での一人旅でした。今みたいにスピードを追うことをせず、マイペースで気ままに走りました。


山梨出張 - 06.jpg山梨出張 - 20.jpg車窓の山の景色を見るとその頃のことを思い出します。自分が走ったコースも見えました。八王子から甲府までずっと山を眺めていましたが飽きることはありませんでした。たった1時間の旅でしたが、ずいぶん遠くに来たような気がしました。山には不思議な力があるようです。

funride2月号にランドナーやスポルティーフの記事がありました。最近自転車を始められた方はご存じないでしょうが私のようにもう四半世紀も自転車に乗っている人間にとって、自転車を始めた頃はランドナーやスポルティーフが当たり前でした。今でも実家に「動態保存」してあるランドナーを輪行してあちこち旅行をしました。

山梨出張 - 49.jpg今年は一度か二度、昔のように自転車で旅をしてみたいなあと思いました。まだそんな旅を経験したことのないあなたも、一度旅に出られたらどうでしょうか。普段は知っているコースを走るのとは違い、味わいのある旅ができると思います。



人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 00:05| ☔| Comment(2) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

路肩は避けよう

先週末久し振りにInterMax号で多摩川CRを走りました。CRまでの道中、前輪が接地している部分の幅が広くなっているに気付きました。停まってタイヤを押さえて見ると空気圧が低くなっていました。

パンクかと思いタイヤを調べてみましたが、なにも刺さっていないし、ぺったんこになっていないので空気を入れてまた走りました。5キロぐらいはしるとまた空気圧が下がったのでピンホールの穴が開いたのだと思いましたが、空気を入れればまた5キロぐらいはしれると思い、タイヤ交換も引っ返しもせずに空気を入れて走り続けました。

すると今度は3キロぐらいで空気圧が下がるようになりました。高圧の空気を入れて走ったのでピンホールが広がったのだと思います。

スペアタイヤは持っていたのですが、交換するなら振れ取りをしてから交換しようと思い、引き返すことに決めました。

それからは2キロごと、最後は1キロごとに空気を入れて自宅手前の行きつけのサイクルショップになんとかたどり着きました。
サイクルトレーナーを使う時に前輪を持ち上げるライザーブロックを注文していたのでそれをもらいに立ち寄ったのですが、そこでタイヤはぺったんこになりました。

空気を入れながら走るのがいい加減嫌になっていたので、振れ取りとタイヤ交換をお願いしました。そうすると10分程度で作業完了。プロの手際良さに感心しましたが、リム側にリムセメントを塗ってすぐにタイヤを装着していいことが分かりました。
私のタイヤはチューブラですが、自分でやる時はリムとタイヤの両方にリムセメントを塗り、べとつかなくなるまで10分程度乾かしてからタイヤを装着していました。

私のやり方だと、タイヤを装着する時にタイヤの内側に塗ったリムセメントがどうしても手につき、手が汚れて困っていたのですが、その時に見たやりかたなら、乾かす時間が要らないので短時間で、しかも手を汚さずにタイヤ交換ができることがわかりました。

さて、パンクの原因ですが、おそらく路肩を走行した時にピンかガラス片を踏んだのではないかと思います。路肩にはいろんなゴミが掃き寄せられます。その中にはタイヤを傷つけるものが含まれている可能性が大です。そういえば、今までのパンクはだいたいが路肩を走った時に起こっていました。

みなさん、路肩ではなく、正々堂々と車道の左端を走りましょう!

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 00:07| ☀| Comment(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

BiCYCLE CLUBのフィッティング講座

大変長らく更新をしておりませんでした。その間、アクセス頂いた方には申し訳ありません。今日はフィッティングとサイクルトレーナーの話題です。

この冬に新車を購入されてあたらしく自転車乗りになられた方が多いと思います。スポーツ自転車の場合はママチャリと違って、サドル高さだけではなく、ハンドルやステム、シューズのクリートなどいろんなところのセッティングを合わせる必要があります。これをフィッティングと言いますが、これがなかなか難しく、自分にあったポジションを見付けるには試行錯誤が必要でとても時間がかかります。

そのフィッティング方法を初心者に分かり易く解説してあるのがBiCYCLE CLUB2月号です。新車を購入された方のみならず、この春からのシーズン前にフィッティングを見直そうという方にも参考になります。

もう一つお勧め記事はサイクルトレーナーの比較紹介記事です。今まで脇役のサイクルトレーナーが特集されることはなかったと思います。冬の雪で外で自転車に乗れない地域の方、時間がなくて夜にしか乗れない方にとってサイクルトレーナーは一つの救いです。

昨日、近所にあるスポーツジムを外から眺めていたら、窓際にならんだランニングマシーン(と言うのでしょうか?)の上を走っている人の影が見えました。その時ふと思ったのですが、あんな機械の上で走るためにわざわざジムにいくのはもったいないなあということです。自転車があればサイクルトレーナーを買うだけで自宅で同様のトレーニングができます。そう考えるとサイクルトレーナーは安い投資かなあと思います。

私はCycle Opsのサイクルトレーナーを使っていますが、自転車のセッティングの簡単さと走行感が実走に近いことからお勧めです。静寂性で他を圧倒する商品も紹介されています。サイクルトレーナーを購入検討中の方はぜひ参考にして下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 01:09| ☔| Comment(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

クロスバイクでよくある後悔

自転車生活に関するアンケートで、東京在住のクロスバイク歴1年未満の20代男性から以下のようなコメントを頂きました。これからクロスバイクを買おうと思っておられる方は参考して、同じような後悔をしないようにして下さい。
最近安いクロスバイク買った。思いがけず、はまってしまい既にコンポーネントを変えたくなった。フロントフォークも変えたい。タイヤは細くしたが、リム、ホイールも替えたい。そうすると安い自転車がもう1〜2台買える。ロードにしておけばよかった。
ロードバイクはハンドルが「異様な」形をしているので、初めてスポーツ自転車を買う方にとっては取っつきが悪いかもしれませんが、速く長距離を走るには最適なマシーンです。クロスバイクの快適性を求めて買われる方はそれでいいのですが、気に入ったらハイスピードで走りたいなあと思う方は、最初からロードバイクも候補に入れて購入検討されることをお勧めします。

クロスバイクを買ったみなさん、クロスバイクとロードバイクを検討してロードバイクを買ったみなさん、それぞれどんな感想をお持ちですか?みなさんの参考にご意見をコメントに書いて紹介下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 23:47| ☔| Comment(28) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

小径バイクのみなさんへ!

自転車生活に関するアンケートで、小径自転車歴1〜3年、大阪府にお住まいの50代の男性から以下のようなコメントを頂きました。
現在 小径自転車にはまっていますが、カスタマイズについて可愛く格好良くか
つ安全に考慮したパーツ選びに困っています。
自分が乗っていないので小径バイクについて書くことはめったにありませんが、一番気になる自転車でもあります。

小径バイクにお乗りのみなさん、お待たせしました。普段コミュニケーションしたくても出来ていないこと、カスタマイズのこと、お勧めパーツのことなどこの場を利用してコメントで自由に紹介して下さい。

私は以前にも書きましたが、ぶらっと電車で出掛けて街を散策する時用に小径の折りたたみバイクが欲しいなあと思っていますが、今以上自転車の置き場所がないことと、軽くていいバイクを探すとかなり値段が張ることから購入には至っていません。

私にとって小径バイクは、「いつかその内」でもあり、「永遠の夢」でもあります。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 23:33| 🌁| Comment(4) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

怪我の応急手当

「ろくちゃん」の落車による怪我を紹介した「事故を防ごう」の記事に対して、「哲之助さん」から以下のようなメールを頂きました。万が一の場合に備えての応急手当に関してとても参考になる情報ですので紹介します。
「自転車生活入門」御中

ヒロさん、はじめまして。

クロスバイク(GIANT CS3200)歴 5カ月の哲之助と申します。
静岡市清水区在住の40代男性で、応急手当普及員の資格を
持っており、自転車競技においては、サーキット、エンデューロ、
MTBアスレチック&トライアルの救護ボランティア活動に参加した
経験があります。

さて、松本の「ろくちゃん」の投稿に寄せて、メールしますので、
ご参考にして下さい。

けがをした時の対応ですが、擦過傷などの軽症でしたら、
下記のファーストエイド・キットで応急手当が出来ますので、
ツーリングに出掛ける際は、携帯することをお勧めします。

ミネラルウォーター、滅菌ガーゼ(10×7.5cm)、消毒綿、
ネット包帯、絆創膏、三角巾+安全ピン

いずれもドラッグストアで販売しているものばかりで、滅菌ガーゼと
消毒綿はいずれも個包されているので、携帯に便利です。
ミネラルウォターは、水分補給の他、擦過傷を負った時に傷口を
きれいに洗い流す水道水代わりとして使います。
三角巾+安全ピンは、応急手当で使う以外に、レーサーパンツや
ジャージが破れた場合、上手に利用して、その部分を隠すという
用途もあります。

さて、手に負えないけがの場合はどうするかというと、これは
その場に居合わせた人に119番通報してもらうなど、救いの
手を借りるしかありません。
助けを求めて断る人はいないと思いますので、助けを受けたら、
必ず、後日お礼に伺うなり、お礼状を出したいものです。

最後に、自転車競技の救護活動から得た教訓ですが、単独の
落車事故でも鎖骨骨折などの大けがを負うこともありますが、
最も身体にダメージを受けるスポーツ自転車による事故は、
高速で走行中に障害物へ激突し、落車するケースです。

路上のトラックなどの停車車両、道路脇の自販機、電話ボックス、
電柱など、これら障害物に激突した場合は、命を落とす危険性
大です。
特に、下り坂でのコーナーリングを誤ると、重大な事故に繋がる
ことを皆さん良くご存知だと思います。

避けがたい落車事故もありますが、危険を予知しながらの走行を
心掛ければ、ある程度の事故は防げるのではないでしょうか。

哲之助さん、どうもありがとうございました。哲之助さんがおっしゃるように危険を予知しながら走ることで、応急手当が必要な事態にならないようしたいですね。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 23:13| 🌁| Comment(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

事故を防ごう

松本にお住まいの「ろくちゃん」から落車して怪我をされた様子のメールを頂きました。事故防止の願いを込めて、「ろくちゃん」のご了解の下、紹介致します。

さて、今回いきなりメールをさせていただいたのは、自転車乗りのみなさんが怪我をしたときにどういった対応を取られるのか知りたいと思ったからです。
ツーリングとなると人里離れた場所へ行くことが多いですし、道路状況がわからないところを走ることも多いと思います。また、自動車やバイクと違って携行する荷物は最低限にするので救急箱なんて持って走る人はいないと思います。みなさんはそのあたり、どういった経験、どういったノウハウをお持ちなのでしょうか?

こんな質問をしたくなったのも、実は9月2日にツーリングへ出かけた際に落車したためです。状況としては路肩の段差にタイヤを取られて左側に転倒し、左半身から地面に擦り付けられるような形になってしまいました。緩やかな下り坂だったので 3〜40km/hぐらいは出ていたと思うのですが、よく覚えていません。耳から地面に当たったのか、耳たぶが裂けて出血、それ以外にも左半身は擦過傷だらけでした。レーパンもジャージも靴下も地面と擦れたところは穴だらけ、穴の開いていない服の下にも傷ができていました。皮肉なことにヘルメットには傷が付いていなかったので、本当に耳から落ちたようです。
※なんとなく耳から叩きつけられたような痛い記憶は残っています。

幸い、アイウェアをしていたおかげで目の周りには擦過傷を作らずにすみました。(アイウェアが目の周りにあたってちょっとした青あざができた程度)
後でみたらアイウェアの左目部が傷だらけになっていたので、これがなければさらにひどい顔になっていたと思います。

もちろん、グローブ(夏季なので指きりタイプ)もしていましたが、小指の関節部分はグローブ越しにもかかわらず皮が剥ける怪我をしていました(面積は小さいですが、少し肉がえぐれていました)。

こうやって振り返ると、スポーツタイプの自転車は速度が出やすいのに軽装で乗ることが多いので、事故があったときには大変だなとつくづく思いました。

幸い、事故を起こしたあとすぐに親切な人の助けで近くの診療所へ運んでいただき応急処置を受けることができました。また、土曜の午前中だったので診療所も普通にやっていたのと、カードサイズになった保険証を携帯していたおかげで治療費も財布の中から全額出すことができました。最近はクレジットカードでも支払いができる病院が多いので、保険証とカードさえあれば何とかなりそうですね。

このような怪我は自転車乗りに多いと思うのですが、いろんなブログを見ていてもなかなか見つけることがありません。こういった落車って珍しいのでしょうか?

余談ですが、現在は松本の大きい病院で治療してもらっています。そこのお医者さんに言われたのが「競輪選手なんかはよくそういう怪我をするからね、大丈夫、すぐに治りますよ」の一言。昔バイクに乗っていたときに同じような怪我をした時は、治癒までに結構時間がかかったのを覚えていたので意外でした。

たまたま診てもらった先生が「湿潤療法」という治療法を提唱しているまさにその方で、こんな WEB ページまで紹介してもらいました。
http://www.wound-treatment.jp/

もし、同様の怪我をされる自転車乗りがこれからもいるようでしたら役立ててください。

蛇足になりますが、自分は結構激しい怪我をしたにもかかわらず、自転車本体はハンドルが曲がりすぎてトップチューブに傷が付いたのとサドルの左端が綻びた程度でほとんど無傷でした。怪我の治療がひと段落したら自転車屋さんに点検してもらって、問題なければ治癒後にリベンジ・ツーリングに行くつもりです(笑

とても生々しい報告でしたね。「ろくちゃん」貴重な体験談どうもありがとうございました。私も20年以上前のことになりますが、下り坂の砂で滑って転倒し、左肘を縫う怪我をしたことがあります。

皆さんも、自分は大丈夫と考えるのではなく、自分もいつかは落車するかもしれないと考え、怪我を最小限に止めるために、ヘルメット、グローブを身につけ、いざという時の為に保険証を携行された方がいいと思います。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 22:42| 🌁| Comment(7) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

自転車の燃費は?

自転車生活に関するアンケートで、島根県にお住まいのロードバイク歴1年未満、30代男性から以下のようなコメントを頂きました。
勤務先の異動をきっかけに自転車乗りを再開して、通勤とサイクリング大会にぼちぼちってな感じで乗ってるものです。

で、最近ちょっと気になって計算してみたんですが、自転車の燃費というか、距離あたりのコストは車より悪いのではないかと言うような気がするんですが、どうでしょう。夏だと10数kmごとにペットボトル1つ+ついでに補給食って感じで自分が乗っているコンパクトカーよりかなり悪い感じです。他の方はどうなのでしょうか。まあ、比べても意味のないことではあるんですが。
自転車の燃費とは面白い発想ですね。今まで、自転車は一番お金のかからない乗り物だと思っていましたが、そう言えば、夏場は私も30キロ走るのに500mlのドリンクを2本飲みます。家から出る時は黒酢を薄めたものを持って出ますので買うのは1本ですが、燃費は15km/lということになります。

みなさんの燃費はいかがでしょうか?

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 20:53| ☔| Comment(2) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

自転車を利用しやすい環境整備を!

前に50代の方から頂いたコメントを紹介しました。今日は40代の方からのコメントを紹介します。たまたまかもしれませんが、40代の方からは自転車を取り巻く環境の整備やルール、マナーに関するご意見を多くいただきました。

【MTB 自転車歴4〜5年 大阪 40代 男性】
ヨーロッパ並みの自転車道が整備してしかり、環境問題もクリアーなはずもっ
と予算を次ぎ込み日本一周の並木有りサイクリング道を求む。老後とか家族の
コミュニケーションで未知の世界へタイムスリップ

【MTB 自転車歴21年以上 栃木 40代 男性】
10〜20代には盛んにツーリング行っていましたが、社会人となり結婚・子育て
で自転車休止していました。3年前から週末、通勤にて再開し再び自転車を満喫しています。自転車は生涯続けられるすばらしい趣味だと思いますが心配事はやはり交通事故です。自動車主体の道路交通環境からもっと自転車・歩行者主体の道路環境に移行していくべきだと思います。

【クロスバイク 自転車歴6〜10年 佐賀 40代 男性】
自転車って,一般道路で,かなり邪魔者扱いされてませんか?自分が車のとき
は気がつかなかったのですが,ずいぶん危ない目に遭ってます。私たちに,優
しい道と,運転と,環境整備をお願いしたいです。

【MTB 自転車歴4〜5年 東京 40代 男性】
自転車にも免許が必要な気がします。特に交通量が多く道幅の狭い車道を逆走
してくる自転車の乗り手に強く感じることが多いです。

【小径バイク/折りたたみバイク 自転車歴21年以上 東京 50代 男性】
最近、特に感じるのですがチームジャージで決め格好は良いのですがマナーが
いけませんね。

8月5日の日経新聞夕刊に、都心のマンション建設ラッシュで通勤や買い物に自転車を利用者する人が増えて、違法駐輪や歩行者とのトラブルの問題が増えているとの報道がありました。それらの問題を解決するには行政側が自転車を交通インフラとして正しく認識し、駅前に駐輪場を作ったり、本来自転車が通行すべき道路を正々堂々と安全に通行できるように道路整備をするなどの対策が必要だと思います。

同時に自転車に乗る側のルール遵守やマナー教育も必要だと思います。小学生以下ではあまり見掛けませんが、中学生以上になると年齢を問わず、曲がり角で一旦停止どころか左右も確認せずに飛び出して来たり、堂々と右側を走っている人をよく見掛けます。東京のMTBライダーの方がおっしゃるように、私も中学生以上の自転車ライダーは免許制にした方がいいと思います。

一方で、最後のコメントにありますように、我々スポーツ系の自転車に乗っている側もマナーには気を付けたいものです。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 20:25| ☔| Comment(3) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

蛙王博士のホイール講座

「MTBで速く走りたい」の記事に対してたくさんのみなさんからアドバイスをいただきました。コメント頂きましたロペスさん、蛙王さん、SLEEPさん、えーじさん、どうもありがとうございました。

質問の主のズマさんも納得されましたが、MTBにスリックタイヤを履かせれば速くはなりますが、舗装路でのスピードを求めるならやっぱりロードバイクがいいというのが結論です。

さて、頂いたコメントの中で蛙王さんのホイールに関する説明は本人がおっしゃってるとおり本論からははずれますが参考になりますので紹介します。
ちょっと脱線してホイールの話をすると、同じ重さのホイールでも、ハブが軽くてリムが重いホイールと、ハブが重くてリムが軽いホイールとでは、走りの質が違います。リムが重い方が巡行性能が高いので平地向き、リムが軽い方がこぎ出しが軽いのでヒルクライム向きです。同じクラス(価格帯&セミエアロ&リムテープ不必要)のホイールで比較すると(ネタ元は雑誌のレビュー記事等です)、前者がカンパのユーラス、後者がフルクラムのレーシング1でしょうか。んでもってキシリSLはその中間+剛性一番ということで。
私は流星号とInterMax号を通勤と週末とで乗り換えていますが、ホイールだけを交換したことはないので、ホイールの違いで走行性能がどのくらい変わるのかは未体験です。今後の参考にホイールを交換した時の経験談を紹介していただけませんでしょうか。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 22:52| ☔| Comment(6) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

MTBで速く走りたい

自転車生活に関するアンケートで茨城のMTB歴1年未満、40代の男性から以下のような質問を頂きました。
MTBタイヤ履いて舗装路での90kmの週末サイクリングを楽しんでいるの
ですが、私が必死こいて走っている横を、いとも簡単に抜き去るロード。漕ぎ
っぱなしの自分とは逆に、惰性で進んでも早いロード。タイヤ抵抗ってそんな
に違うものなんでしょうか?90km(信号待ちなど殆ど無い平坦路)を4時
間切るのがやっとの私もタイヤを替えるだけで早く走れますかね??アドバイ
スいただけると嬉しいのですが・・・。
この質問はMTBライダーに共通の質問ではないかと思います。こういう質問に対する回答は蛙王さんが得意なのでいずれコメントに書き込まれると思いますが、まずは私が回答しておきます。

MTBはオフロードを安全に快適に走れるように設計されているのに対してロードバイクは舗装路を高速で長距離走れるように設計されているのでロードバイクが速いのは当たり前なのです。なぜそうなのかは過去の記事やコメントで解説されていますので以下を参考にして下さい。

 →「ロード、クロス、MTBどれがいい?」

 →「ロードはクロスより速いか?」

質問のタイヤの観点でロードバイクが速い理由は二つです。

1.質量(特に外周部分)が小さい。←加速に有利
2.タイヤが滑らかで転がり抵抗が小さい。←高速巡航に有利

【質量について】
ちょっと専門的になりますが、回転運動する物体の運動エネルギーは慣性モーメントと角速度(回転スピード)の二乗に比例し、慣性モーメントは質量に比例し、回転軸と重心との距離の二乗に比例します。これを分かり易く言いますと、軽い小径のタイヤは軽く回り、重く大径のタイヤは回しにくいということです。同じタイヤの比較なら軽いタイヤほど軽く回せるということです。

また、慣性モーメントが回転半径の二乗に比例することから、自転車の軽量化をする時にタイヤを10g軽くすることは自転車を100g軽くすることに匹敵すると言われます。

MTBのリムとタイヤの質量はだいたい1kg前後、それに対してロードバイクのそれは600g〜700gです。ということは、タイヤだけの比較ならロードバイクと同じ加速をするのにMTBは1.5倍の力でこがないといけないということです。実際は車重を加えての加速なので、それ程の差にはなりません。

【ころがり抵抗について】
MTBのタイヤは一般的にはブロックパターン。一方、ロードバイクのタイヤは平滑パターンです。ブロックパターンのタイヤで走っている時をミクロ的に見るとブロック一つ一つを押しつぶしながら走っているのでその為にエネルギーを費やしており、その分回転運動にまわすエネルギーが少なくなります。走行中ずっとそういう状態が続きますので、同じ力でこいでいてもMTBはロードバイクより遅い訳です。

パナレーサー ハイロードスリック(1本)【質問の回答】
上記より、できるだけ軽くて「スリックタイヤ」と呼ばれる平滑パターンのタイヤに交換されたらその分は速く走ることができます。但し、ロードバイクよりは速く走れませんのでご承知おき下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 13:01| ☔| Comment(7) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

50代60代の方大歓迎です!

自転車生活に関するアンケートに最近50代、60代の方から多く回答を頂いています。前に団塊の世代の方や定年を迎えられる方へ自転車生活のお勧めをしましたが、そういう方達にも読んで頂いている証拠なので嬉しく思います。その中でコメントを書いて頂いた方を私のコメントといっしょに紹介したいと思います。

【MTB歴16年〜20年 大阪 60代 男性】
以前は車通勤だったが健康維持のため自転車通勤にして20年近くなるが、頗
る健康である。 自転車は4台乗りつぶしたが。
→元祖自転車ツーキニストですね。そう言えば私の父親も自転車通勤してました。80歳を越えた今でも時々ママチャリで買い物に行ってますが、運動不足解消のため家でエアコン掛けてエアロバイクこいでます。

【クロスバイク歴1年未満 東京 50代 男性】
自転車に乗りはじめてこんなに多くの人が走っているとは思いませんでした。
知らない所を走るのは大変楽しい。
→最近自転車人口が増えていると思います。どなたか統計数字ご存じないでしょうか?

【クロスバイク歴1年未満 東京 50代 男性】
同じ市内を出て少々遠くまで、友人宅へ、買い物へ、うまい蕎麦屋へ、本屋へ
と乗用車から完全に乗り換え、はまっている。サークルやツーリング、まして
レースなどと言った経験はまったく無く、自転車独特のウェアには抵抗感だけ
が先立ってしまう。「普通の格好」でもっと乗り回したい。そんな同類のオヤ
ジが一人で走っていたりしたら、思わず声をかけてしまうな。50代よ、自転
車に乗ろう。
→車種や格好は世の中の迷惑でなければなんでも構いません。みなさん、自転車に乗って爽快感を楽しみましょう!

【ロードバイク歴6年〜10年 秋田 50代 男性】
生活の中に自転車を取り入れたことによる快適な日々を送っている 以前はランニング主体であったが、自転車には悲壮感・苦痛感がない 華やかさがあり、年齢に関係なく楽しめる。
→「自転車には悲壮感・苦痛感がない 華やかさがあり、年齢に関係なく楽しめる。」と自転車のいいところをズバリ表現されているので印象に残るコメントです。

【クロスバイク歴1年〜3年 東京 50代 男性】
呑み川、多摩川、野川、鶴見川など川のサイクリングを楽しんでいます。自転
車ブログを読むのが習慣になっています。楽しいお話をいつも聞かせてありが
とうございます。
→行動範囲が私と近いですね。一度多摩川CRでもごいっしょしましょうか。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 23:58| ☔| Comment(2) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

こんなところに掲載されました

ビートルズ、大学紛争、高度成長と日本の各年代における大きな流れを作り、導いてきた団塊の世代の方々が来年から定年を迎えられます。その数、約700万人。その方達が定年退職されて第二の人生を歩まれる時に、お勧めしたいのが自転車生活です。

会社を離れると、通勤の必要がなくなり運動量がガクンと落ちます。すると脂肪は一気に厚みを増し5キロ、10キロの体重増加はあっという間です。

また、会社の同僚との関係が無くなり、コミュニケーションの相手が居なくなり、精神衛生上も良くありません。会社一筋だった会社人間の方は、生き甲斐が見いだせないのか60才代で人生までを卒業される方も居られます。

自転車生活はこれらの多くの問題を解決する手段になり得ます。

体に無理のない運動で、徐々に始めて好みの強度で行えます。
思い立った時に一人で出来ます。
自転車さえあればランニングコストはごくわずかです。
ハードに凝る、サイクリングを楽しむ、仲間と楽しく走る、名所旧跡を巡る、美味しいお店を食べ歩く、体を鍛える、レースに出る、配偶者と共通の趣味を持つ、家族といっしょに走る、美味しいビールを飲むために走る、…など無限の楽しみ方があります。

定年になったからと言って急には始められません。興味を持った時から自転車選び、スポーツサイクルショップまわり、仲間探しをして会社生活からスムーズにバトンタッチされることをお勧めします。

また、退職されるお父さん、あるいはお母さんがおられる方は、退職のお祝いに自転車生活をプレゼントされたらどうでしょうか。

と言う訳で?、こんなところに掲載されました。

そこからのリンクでアクセス頂きました皆様、ここにはたくさんの仲間、同輩が居られます。どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 23:16| ☁| Comment(4) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

一周年になりました!

去年の6月5日に自転車生活入門を開設し一周年になりました。自転車生活の楽しさをできるだけ多くの方に紹介したいと、ほとんど毎日記事を書き続け一年間よくやってきたと思います。

最初の記事は「どんな自転車がいいのか?」という自転車選びに関する記事でした。その記事に最初にコメントを頂いたのが、このブログでもたびたび紹介するハムさんでした。
はじめまして。ハムと言います。
今年の春から自転車通勤を始めた、自転車ビギナーです。
通勤にはママチャリを使用しているのですが、
そろそろ良い自転車がほしいなと思っているところです。

サスはついてる方が良いのか
わからなかったので、とても参考になりました。
機能性と軽量、両方どりとはいかないものですね〜。
ホントに参考になる内容が多くて、たいへんありがたいです。
その後、私と「て」さんでいろいろアドバイスしてハムさんは今のケーターハム号を買われました。

自転車生活に関するアンケートには約400人の方に回答を頂きました。いろんなご意見をいただきましたが、最近嬉しかったのは大分の男性から頂いた以下のようなご意見です。
障害のため自動車免許が取れないので、やむを得ず自転車を。バス停を探すの
すら苦労する視力です。LEDの赤信号暗い青と思い、何度か交差点を通過し
ました、無茶な運転を、お許しください。
視力がお悪い方が小さな文字は読みにくいだろうに、このブログを読んで下さっている。ありがたいと思いました。直接コミュニケーションをさせて頂いたことはありませんが、心が通じていると感じ嬉しく思いました。

今年のツール・ド・草津ではこのブログ読者の方だけで旅館が貸し切りになり、初対面なのにみなさんと楽しい前夜祭を過ごすことができました。

この1年間で延べ約25万人以上の方にアクセスしていただいた計算になります。みなさん、どうもありがとうございました。その中の何人かの方とは一緒に走ることが出来ました。最近では、青梅名栗村グランフォンドでまた新しい方と知り合いになれました。

これからもいろんな自転車生活を紹介し、そして楽しいイベントを企画して参りますので、みなさん、どうかよろしくお願い致します。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 23:36| 🌁| Comment(10) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

今日からやっぱり自転車天国

IMG_5064.jpg

今日から改正道路交通法が施行され、違法駐車の取り締まりが厳しくなりました。取り締まる為なのか、あるいは民間委託された取り締まり業者とドライバーのトラブルを仲裁するためなのか、やたらパトカーを見かけました

果たして道路は自転車天国になっているのか?興味津々で会社に向かいました。裏道や細い路地には依然として違法駐車の車を見かけました。そういうところは数台が連なって停まっていました。きっとみんながやっているから自分も大丈夫という心理なのでしょう。一方で、幹線道路の違法駐車は少なかった気がしました。上の写真は池上通りですが、今までなら車が延々と連なっていたのですが、違法駐車が減って車の流れが良くなったせいか、渋滞は見られませんでした。

やっぱり道路は自転車天国になりましたね!めでたし、めでたし。

さて、これがいつまで続くでしょうか。これを契機に車ドライバーのマナーが向上し、自転車天国が定着して欲しいものです。

みなさんのところではいかがでしたか?様子やご意見をコメントでお知らせ下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

posted by ヒロ at 23:54| 🌁| Comment(1) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。