2008年03月21日

ヒルクライム特集だ!

最近自転車雑誌は買ってなかったのですが、昨日の春分の日は雨だったので走ることができず書店に行って自転車雑誌を物色しました。すると、奇しくもサイクルスポーツ誌とBiCYCLE CLUB誌が共にヒルクライム特集を組んでいました。今年初の自転車イベントとしてツール・ド・草津にエントリーしている私にとっては、誠にタイムリーな企画でした。特にBiCYCLE CLUB誌にはペダリングのノウハウとして今度記事にしようと思っていた「前に踏み出すペダリング」が紹介されていてびっくりしました。

これは記事の要約ではなく私が書こうと思っていたことですが、ペダリングで最大のパワーを得るには上死点から遅れることなくトルクを発生させ、クランクの角度が時計に例えて3時過ぎまでに最大のパワーを発揮するようにペダリングすることです。その為に上死点で意識して踏み込んでも上死点からトルクを発生させることは難しく、実際は1時や2時から踏み込むペダリングニなってしまいます。この問題を克服するには、パワーを掛けるポイントを意識するタイミングを前倒ししてやることです。それには「踏み降ろすペダリング」ではなく「前に押し出すペダリング」を意識することが有効です。みなさんすでにそんな事は分かっていることかもしれませんが、入門者の方でまだご存じない方は参考にして下さい。

その他細かなノウハウやトレーニング方法は雑誌を買って勉強して下さい。
ちなみに私はサイクルスポーツは立ち読みさせていただきBiCYCLE CLUBを買って帰りました。これで草津対策はバッチリ!と言いたいところですが、いくら理論を勉強してもトレーニングで実践しないと宝の持ち腐れ。あと1ヶ月しかありませんが、効率的にトレーニングしようと思います。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

posted by ヒロ at 23:56| ☔| Comment(8) | ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですよね
理解するのはさほど難しい事ではないのですが、
実践するのがなんとも・・・笑
Posted by take at 2008年03月27日 18:51
そこで質問なんですが
今ちゃんとしたいい自転車なんだけど
マウンテンだから重くて、、、
自転車ライフにして毎朝5KMとか走るとなると
ちょっと快適から遠くなる。。。

軽くてとなるとロード系なんでしょうか?
ロード系って走り方が難しいとイメージで。。。
シティバイクとかだと軽くて扱いやすいとかそういった
情報をぜひ教えてください〜

激素人でどうやって情報集めていいのかって感じです。

あと、ピンキリだと思うんですけど手軽にいくらくらいから
買えるのか〜とかもぜひ教えてください〜
Posted by こんにちわ at 2008年04月02日 01:47
takeさん、コメントありがとうございます。
実践が簡単だったら、みんなが目標を達成してhappyになっているんですが、それが簡単にできないからノウハウ本が売れたり、コンサルが商売できたりするんですよね。
でも、諦めずに何度でも頑張りましょう!
Posted by ヒロ at 2008年04月02日 22:58
こんにちわさん、同じような質問を以前にも頂いておりまして、それに関する記事をこのブログ画面の左のカテゴリー欄にある「自転車選び」のところに掲載していますので、まずはそこをご覧頂けますか。よろしくお願いします。

自転車選びは以下のURLからでもアクセスいただけます。
http://jitensha-seikatsu.seesaa.net/category/811569-1.html
Posted by ヒロ at 2008年04月02日 23:03
自電車雑誌っていっぱいあるんですね。ほとんどノーマルで乗っていますが、手を加えるのもおもしろそう。
またこさせて頂きます。
Posted by とぴーくふぁん at 2008年04月04日 23:33
初めてコメントしますが、素人なので、その前に押し出すペダリングというのが良くわかりません。その押し出す力は主に@体重をかけることで産み出すのかA体重はまっすぐサドルに落としたまま、いわゆる太ももの力で前に蹴りだす感じなのでしょうか?
体重が主力だとすれば、どうしても前傾姿勢になります。そうすると、腰を起してペダリングすることから離れてしまうと思うのです。実際は無意識に行っているものだとしても、やはりこの力の出所或いは力の配分は気になります。
Posted by ス-さん at 2008年04月11日 14:55
スーさん、サドルの後ろ気味のところに座り、太腿の力で前に押し出す感じです。太腿を動かすことを意識して試して見て下さい。
Posted by ヒロ at 2008年04月11日 23:53
なるほど。基本は太腿の力なのですね。では坂がきつい場合でもあまり体重乗せはしないという風に考えても良いのですか?或いは一般的にはきつくなればなるほど、体重を使う方向へ力の配分があるのですか?それともそれでも太腿の力を主力とするのでしょうか?
もちろん立ち漕ぎしないという条件ですが。
なんども申し訳ありません。
Posted by スーさん at 2008年04月12日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。