2005年09月16日

コンパクトドライブやトリプルに交換すべきか迷った時?

Compact-SLK-Mega.jpgヒルクライムで坂道を上る時には、フロントギヤの内側のギヤにチェーンを掛けて軽くしますが、勾配がきついと後ろのギヤを一番大きなギヤにしてもまだ重いという事態に出くわすことがあります。その時はエイ!と気合いを入れて立ちこぎでしのぐか、降りて押すかしかありません。

しかし、次回に備えて自転車を改造して根本解決する方法があります。それは、前のギヤを「コンパクトドライブ」か「トリプル」に交換する方法です。

すでに前のギヤがトリプルやコンパクトドライブになっている方はそれで結構、心配無用です。

ロードバイクのフロントギヤはたいてい2段で、アウターの歯数が50〜52、インナーギヤが39というのが一般的です。いまでこそフロントがトリプルというロードバイクがありますが、私のように20年以上も前からロードバイクに乗っている人間にとっては、フロントがトリプルのレーサーなんて子供のサイクリング車というイメージでした。

しかし、最近はフロントトリプルのロードバイク完成車やパーツが発売されるようになり、フロントトリプルの抵抗感が無くなりました。これはたぶんMTBから乗り換えの方や、裾野拡大中のロードバイク入門者をターゲットに、坂道をMTB感覚であがれるロードバイクが企画されたためだと思います。自転車はロードバイク、乗る感覚はMTBやクロスということじゃないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、フロントがダブルのロードバイクのユーザーが坂をあがる限界を感じた時に、「コンパクトドライブ」か「トリプル」に交換するかしないかの判断はどうしたらいいでしょうか。

私の経験からの理屈ですが、上りがすごくしんどい人や、ツーリングに出て上がれない坂があったらどうしようと不安な方は「コンパクトドライブ」か「トリプル」に交換された方がいいでしょう。

なんとか上がれるんだけれど、ちょっと自信ないなあという方は迷いますね。

ここで答えが二つに分かれます。「コンパクトドライブ」か「トリプル」に交換するか、トレーニングしてパワーアップし、いまのまま乗り切るという方法です。

サイクリング指向でスピードは気にしないから山道をできるだけ楽に上がりたい人は交換した方がいいでしょう。

一方、ヒルクライムレース出場を目指していて毎年タイムアップを狙っている人は踏みとどまってトレーニングを積み重ねてフロントノーマルダブルで頑張った方がいいでしょう。

例えば、乗鞍のヒルクライムレースの場合、ノーマルインナー39枚、リア27枚で、75rpmでこげれば1時間半でゴールできますが、コンパクトドライブだとフロント34枚、リア27枚の場合、ペダリングは軽くなりますが、85rpmでこがないと1時間半は達成できません。もし、85rpm以下なら、楽になったけどタイムは落ちたということになります。1時間半以下のタイムを目指す人はいずれにせよそれ相応のパワーを付けなければならず、それだけパワーが付いたらコンパクトドライブやトリプルに替えなくても走れるはずです。

実は、私は、去年乗鞍を走った時に後半のヘヤピンできついところがあったので、コンパクトドライブかトリプルに交換しようか検討しました。今
InterMax号に付いているURA-ACEにはコンパクトドライブの設定がないため、トリプルの選択肢しかありませんでした。そこで、トリプルに交換することで見積もってみたところ、リアディレーラ、BBも交換しなければならず、しかも費用が約7万円掛かかり、さらに200gも重くなることが分かりました。それで交換を断念しトレーニングと減量に励んだ結果、今年はタイムを18分短縮できたわけです。

今から新車を買われる方は、リアのギヤをクロスレシオで組める「コンパクトドライブ」のものを買われたらいいと思います。

今、フロントがダブルの方は、クロスレシオにして最適ギヤを細かく選択して走りたい、楽に山道を走りたい場合は交換を、タイムを狙っている人は踏みとどまって自分のパワーアップを選択されたらいいと思います。


【アンケート】みなさんの自転車生活について教えて下さい。

ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。


posted by ヒロ at 00:34| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。