2007年10月06日

アメリカの自転車生活

P1010885.jpg

またまたポートランドのBogorheaさんからコメント頂きました。Bogorheaさん、ありがとうございました!今度はポートランドの自転車を乗せられるバスやちんちん電車、自転車乗り(バイクライダー)のお友達ご夫婦の羨ましい自転車生活の情報です。今日もまたまた引用させていただきます。
ヒロさん! 再びBogorheaでございます。コメントにお返事いただくなんてとても嬉しいです。ありがとうございます。ある友達に日本でもまじめに (?!)バイキングしている人がいるんだよぉ!とヒロさんのブログの話をしたんです、すると彼女は「ポートランドはバイキング天国よぉ!」と大いばりです。彼女は60代前半の大分歳が離れた友人です。彼女はご主人と毎年スーツケースにチャリンコを詰めてイタリアへ「自転車乗りに」1ヶ月も出かけていきます。聞くと気の遠くなるような距離を自転車で旅した夫婦は、私の目には「変人」としか写らなかったのですが・・・・良く見てみると彼女の言うとおりポートランドは自転車天国です。街を走るバスの正面にはバイクキャリアーが付いていて、バスに乗りたいバイカーは自転車をカチャンッ!とラックに掛けてからバスに乗ります。私が住む地区を走るストリートカー(ちんちん電車)の中にも自転車を抱えながら乗車し安全の為に自転車用ストラップが設置してあるバーがあります。スーパーマーケットの中では何故か車輪を一つだけ抱え流線型のヘルメットをかぶったままのおっちゃんがレジの前に並んでいたりします。車輪はレバー一つで取り外しが出来るんですね。こんな文化が“当たり前”のポートランドの人気車種は“スズキ・レガシー”“Volvoのクロスカントリー”など自転車を何台も担いで走っている光景を良く見かけます。私は自転車を持っていません・・・・運転中見かけるバイカー達は勇気があるなぁといつも感心してしまいます。だって自転車は車道を走らなくてはいけないんです。勿論すごいスピードで!!!怖くて私には出来ない技です。
上の写真はポートランドのものではなく、昨年ホノルルセンチュリーライドに行った時に撮った写真ですが、Bogorheaがおっしゃるバイクキャリアーがついたバスというのはこんなものではないかと思います。ヨーロッパでも自転車をそのまま乗せられる列車があったりして自転車と公共交通機関が「共生」していますが、日本ではまだ臨時列車が運行される程度ですね。日本においても同様の環境が整うことを強く望みます。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)


posted by ヒロ at 18:51| ☔| Comment(1) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
日本では、皆(特に群馬県人はそうらしいです)すぐに新しい物に飛びつきはするのですが中々文化にまではなりませんね。
Posted by washiro at 2007年10月07日 00:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。