2005年08月13日

チェーンのクリーニング

チェーンクリーナー1.jpg自転車で一番よく汚れるところは、こぐたびにそのパワーを伝えてくれているギヤーとチェーンですね。ギヤー、チェーンが摩耗した金属粉が油と混ざって真っ黒になりますし、雨の中を走った時は砂がかみ込むので早めにクリーニングをする必要があります。今日はいつも通勤で頑張ってくれてる流星号のチェーンをクリーニングしました。以前はチェーン切りでチェーンを取り外して石油で洗っていましたが、BARBIERIのチェーンクリーナー(写真左)を買ってからはずいぶん簡単にクリーニングできるようになりました。これはお勧めで5分もあればクリーニングが完了します。私のは古いタイプですが、今は新しいタイプのものが出ているようです。



チェーンクリーナー2.jpg方法は簡単。チェーンクリーナー本体の線のところまでクリーナー液を入れ、チェーンを挟むように上蓋をかぶせて固定します。(私はクリーナー液は買わずに暖房機用の石油を使っていますので安上がりです。)



チェーンクリーナー3.jpgチェーンを回した時にチェーンクリーナーが動かないように左端のローラーをリアディレーラーの上のギヤと下のギヤの間に引っかけます。




チェーンクリーナー4.jpg後はチェーンをこぐ時とは逆の方向に回すと、チェーンがクリーナー液をくぐり、ローラーブラシで上下両方からこすられてみるみるきれいになっていきます。この時にクリーナー液がチェーンについて垂れてきますので絶対に室内ではやらないようにしましょう。
クリーニングした後、チェーンはクリーナー液をよく乾かしてから落ちてしまった油を差しておきましょう。


【アンケート】みなさんの自転車生活について教えて下さい。


ブログランキングアップを目指しています。どうか応援をよろしくお願いします。

←応援していただける方はここをクリックして下さい。
posted by ヒロ at 23:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ノウハウ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5876552

この記事へのトラックバック

皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。