2007年06月21日

12枚歯より18枚歯

ロードレーサーの平均的なカセットスプロケットのギヤ歯数は12,13,14,15,16,17,19,21,23,25だと思います。

平地の巡航速度30km/h前後で使うギヤはフロント52枚でケイデンス90の場合、19枚で31.3km/h,17枚で34.9km/h、コンパクトドライブのフロント50枚、ケイデンス90の場合、19枚で30km/h、17枚で33.6km/hになります。このギヤ1段の差で速度が約10%変わるために、19枚では軽く17枚では重いと感じる原因です。

そこで18枚のギヤが欲しくなりますが、18枚のギヤが入ったカセットスプロケットを選ぶには、ジュニア用スプロケットを選択する必要があります。「ジュニア用」という言葉に引っかかる人が多いと思いますが、私は9速から10速のスプロケットに仕様変更する際に、名より実を取って13枚-25枚のスプロケットを選択しました。

12枚-25枚にしていたら、殆ど使わない12枚のトップのギヤを数えないと、せっかく10速に変更したのに9速と同じになってしまいます。ですから、12枚を捨てて18枚を取った訳です。

結果は大満足で、平地の巡航で選べるギヤが増えて細かな変速ができるようになりました。

18枚のギヤはヒルクライムにおいても重要で、フロントがコンパクトドライブのインナー34枚でケイデンス70の場合、16.8km/hとなり、Mt.富士ヒルクライムで1時間30分、ツール・ド・草津で45分を狙うためのギヤになります。

みなさんも、より快適に走るためにギヤの歯数を見直してみられたらいかがでしょうか。

【注意】フレームやホイールによっては13トップのジュニア用スプロケットが取り付けられないものがありますから、事前に確認して下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)


posted by ヒロ at 00:29| ☔| Comment(1) | 乗り方・こぎ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になりますね〜

昨日、東北地方も、梅雨入りしましたが、今日は、福島も晴れです。
今朝走りましたが、濃霧で、見えずらかったです。
後で、ブログ更新予定
今日は、残念ながら、休みではなく、会社なのです。トホホ
Posted by hide at 2007年06月23日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。