2007年06月15日

FC-R700の変速性能

ライブラリ - 7143.jpg

今回は前回予告しましたとおりFC-R700の変速性能について紹介します。

私がコンパクトドライブへの変更を検討した時に心配したのが変速性能でした。コンパクトドライブにするとインナーが39から34とかなり小さくなり、アウターに戻す時の段差がかなり大きくなりますので、素早くシフトするかということが気になりました。

コンパクトドライブの候補としてはFSAのモデルも検討しました。丸のこのデザインのFC-R700とちがって格好がいいですからね。しかし、決め手は変速性能でした。雑誌の評価やネット上のユーザーの声を調べると、剛性と変速性能で評価が高かったのがFC-R700でした。行きつけのサイクルスポーツショップの店長もShimanoのギヤ設計にノウハウがあり、変速性能ならShimanoがいいとのことでした。結局、InterMax号の駆動系はすべてShimanoということもあり、FC-R700に決定しました。

さて、実際に走ってみた感想ですが、変速性能には大満足です。インナーからアウターには一瞬で戻ります。デュアルコントロールレバーを操作して、レバーが戻る前に変速が完了する速さです。前についていたDURA ACEのノーマルギヤよりも速い感じがします。インナーに落とす時もチェーンが外れることもありません。但し、これにはデュアルコントロールレバーとディレイラーがDURA ACEとの組み合わせであることも関係あるかもしれません。

デザインと表面の質感、それから863g(175mm、BB含む)という重量を気にしないならFC-R700はお勧めです。デザインが我慢できない人は7月下旬まで待てばULTEGRAシリーズの新コンパクトドライブFC-6650Gが発売されますので、それまで待つという選択肢もあります。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)



posted by ヒロ at 00:14| ☔| Comment(2) | 乗り方・こぎ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒロさんのFC-R700は非常にスムースに変速してくれるようですね。
私の場合、デュアルコントロールレバーとフロント・ディレイラーが105でFC-R700との組み合わせで使用していますが、レバー1回の操作では変速してくれません。それもかなり力を入れてガチッという感じでやっと変速するような状態です。
やはり、デュアルコントロールレバーやフロント・ディレイラーとの相性があるようですね。
フロント・ディレイラーの調整の技術の差もあるかもしれません。
Posted by washiro at 2007年06月16日 14:31
washiroさん、ディレイラーでそんなに違うとは驚きです。先週の土曜日に富士スバルラインを走った時も、アウターからインナー、インナーからアウターと変速はとてもスムーズでした。これでデザインがよかったら最高なんですがね。早くDURA ACEグレードでコンパクトドライブを出してもらいたいものです。
Posted by ヒロ at 2007年06月19日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。