2005年06月18日

自転車生活の出発点

ラスコルサ.jpg
もう22〜23年程前になりますが、ナショナル自転車のラスコルサというランドナーを買いました。子供の頃から自転車には乗っていましたが、自分にとっては初めての本格的なスポーツ車でした。初めてフロントギヤが2段式になっている自転車に乗りました。だんだん遠出をするようになり、輪行仕様に改造し二泊三日で信州を走ったりしました。

それから自転車熱が高じて3〜4年ほど経った頃、人に勧められて初めてロードレーサー「流星号」を買いました。買ったといってもパーツをバラバラで買って勧めてくれた人に手伝ってもらって自分で組み立てました。ホイールもスポークを一本ずつ組み立てて行きました。その流星号で初めて走った時、軽くこいでスピードが出る効率の良さに驚きました。それ以来流星号に乗り続け今でも通勤に使っています。ラスコルサは父親が乗れるようにハンドルをフラットに交換し実家に「動態保存」してあって帰省した時には昔走った北摂の山道を走っています。


posted by ヒロ at 08:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。