2007年06月01日

バイクライダーの筋力アップは

今日は早く帰宅して流星号で脂肪を燃やしに行こうとしたら後輪のスポークが折れていました。そういえば前回走った時にピンという感覚がありました。山中湖ツーリングでInterMax号のスポークが折れ、今度は流星号。ついてないですね。

さて今日は前回の続きの内容になりますが、ペダリングパワーをアップするための筋力アップはどうしたらいいかについてです。

筋力をアップするには二つ方法があり、一つは筋肉を肥大させる方法。もう一つは筋繊維の動員数を増やすことです。自転車の場合、筋肉を肥大させると体重増加につながりますので、特にヒルクライマーは筋繊維の動員数を増やす方法をとる方がいいと考えられます。

ちょっと本題をはずれますが、ヒルクライムで速い人の脚が筋肉隆々かというとそうではなく、逆に細身の筋肉質であることの方が多いと思います。それから、きゃしゃに見える女性ライダーでも速く上る方がおられることからも筋肉肥大によるパワーアップは正解でないと思われます。

では、筋繊維の動員数を増やすにはどうすればいいでしょうか。物の本によりますと、鏡を見ながら運動して使う筋肉に神経を集中させることや、高負荷低回転の運動で筋肉を刺激するのがいいとのことです。具体例を挙げますと、「アウター、トップに入れて大腿部の筋肉に意識を集中してこぐ」ことがこれに当たると思います。そういう意味では、前回紹介しました太腿に意識を集中してこぐことはまさに理にかなっていたことになります。

それから、筋トレを行う時に注意しないといけないのは、筋肉を動作させるスピードに合わせてトレーニングしないといけないことです。ペダリングの場合は高速で筋肉を収縮させる必要がありますから、いわゆる「速筋」を鍛えなければなりません。ゆっくりとした運度ではゆっくり収縮する「遅筋」が鍛えられるだけで、ペダリングには有効でないばかりかそれが重りとなってマイナス効果になり得ます。

ですから、ペダリングのための筋力アップはペダリングで行うのが一番いいということになります。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

自転車生活入門ショッピング


posted by ヒロ at 20:09| ☁| Comment(3) | 乗り方・こぎ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!
Posted by ポルコ at 2007年06月02日 21:47
ヒロさんお久しぶりです!僕はこの間友達と木更津まで行ってきました。世田谷からというのはかなり無理な計画だったようで、変えると11時を過ぎてしまいました。途中友達とはぐれたりと、とても大変でした。しかし、受験勉強最後のロングライドとしてはいい経験になりました。
僕はブログもしばらく閉鎖?見たいな感じにして勉強頑張ろうと思います!
Posted by kanoh at 2007年06月03日 09:35
kanohさん、世田谷から木更津までとは頑張りましたね!いい経験になったことと思います。受験勉強もその調子でへこたれずに頑張って下さい。気分転換に無理のない距離を自転車で走るのはいいと思います。
Posted by ヒロ at 2007年06月14日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。