2014年05月06日

輪行方式に対する注意と折りたたみ自転車選択条件の変化

DSC09928.jpg

前回折りたたみ自転車を試乗して来たことを書きましたが、今日は、輪行方式に対する制限とそこからくる折りたたみ自転車選択時の条件変化について書きます。

easycover3-150x150.gifキウイハズバンドさんのブログによりますと、輪行に対する規制が強化され、輪行袋は「自転車を完全に収納する」ものでないとだめになったそうです。車輪の一部やローラーを輪行袋から出して転がす方式のものはだめになったそうです。折りたたみ自転車の車種検討を始めたこの時期に分かって良かったです。

折りたたみ自転車の選択条件として、多少重くても車輪やオプションのローラー等で転がすことができればOKと考えていました。8kgのロードレーサーを肩に担いで運ぶより、10kgの折りたたみ自転車を転がして運べる方が楽だと考えていましたが、それを見直さないといけなくなりました。

easyroler2.jpgTARTARUGAのTYPE Sにはイージーローラーというオプションがあり、それを後ろのキャリアの先端に取付けると、折りたたみ時に転がして運べるので大きなメリットだと評価していました。TARTARTUGAは折りたたみする手間がロードレーサーとあまり変わらないので、イージーローラーによる転がし運搬ができないとなると、ロードレーサーでいいじゃないか?ということになります。

そうなると、BD-1やDAHONが有利になってきました。DAHONのMu Eliteなら折りたたみが簡単で9.7KG、走行性能も良さそうです。車種選びに満点はなく、何を取って何を妥協することだと思いますが難しくなってきました。






posted by ヒロ at 17:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | 自転車選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。