2007年04月19日

楽しくなったツール・ド・草津

ライブラリ - 4293.jpg

今回からいくつかの変更(改善)があり、ツール・ド・草津がさらに楽しくなりました。

昨年までは、申し込む時から年齢、性別、車種によってクラス分けがあり、レースはクラス毎にスタートしていたため、仲間と行ってもクラスが違えばいっしょには走れませんでした。

ライブラリ - 4202.jpgライブラリ - 4204.jpgしかし、今年からはロードレーサーかMTBかという車種による大雑把な分け方になりました。ロードレーサーは参加者が多いのでゼッケン順に二つに分けられましたので、まとめて申し込めば年齢、性別が違っても車種が同じであればいっしょに走れるようになりました。我々も二つには分かれましたが仲間といっしょに楽しく走れました。

それから、50分以内でゴールできる人を対象にチャンピオンクラスが新設されました。チャンピオンクラスだけはパレード走行の後、スタート地点で一旦全員が停止し、一斉にスタートし時間計測が開始されるようになりました。これにより脚に自信のある人は真剣勝負のレースを楽しむ?ことができるようになりました。最初にゴールした人が文字通りチャンピオンですから、ゴールスプリントはさぞかし迫力があったことと思います。

二つ目の変更点は、レース前日に前夜祭が開催されるようになり、昨年までレースの後に行われていた抽選会が前夜祭で行われるようになったことです。そのため、レース後、先を急いで帰宅するためやむを得ず抽選会を棄権していた人達がゆっくり抽選会を楽しめるようになりました。

ライブラリ - 4307.jpgライブラリ - 4343.jpg三つ目の変更点は、完走証が発行されるようになったことです。今までもレース結果はスタート地点の天狗山レストハウスに下ってきてしばらくすると張り出されましたが、今年からは一人ずつ完走証がもらえるようになりました。ただ、一人ずつ手渡しなので長蛇の列に並ばないともらえないという辛さ?は辛抱する必要があります。もし、このブログを大会関係者がご覧になっていたら、完走証を100番単位で分けて、その単位毎にテーブルを分けて手渡すなどして行列に並ぶ時間を短縮していただければありがたいと思います。

いっしょに参加した仲間達はみんな楽しかったので来年も行こうと言っています。みなさんも仲間を誘って参加されたらいかがでしょうか。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 21:52| ☁| Comment(0) | ヒルクライム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。