2007年04月05日

たまには自転車を裏返してみよう

先週末に流星号のサイクルコンピュータのブラケットを取り替えるために「裏返して」、というより「逆さに立てて」という方が適当でしょうか、配線をしました。

ダウンチューブやBBの裏側に泥がこびりつき、錆も出てきていました。ダウンチューブには前輪が跳ね上げた泥が当たるので仕方ないですね。いつも正立状態で見ていると気が付かないのですが、「表と裏の汚れ方の違い」に驚きました。

逆さに立てる時はハンドルやブレーキレバーを傷つけないように古いバスタオルなどを敷いてその上に立てるようにしましょう。

チェーンステーも掃除しやすくなりますので、時々倒立させてメンテナンスされることをお勧めします。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)


posted by ヒロ at 00:47| ☔| Comment(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。