2007年02月01日

沖縄はいい!

ライブラリ - 416.jpgライブラリ - 418.jpg出張で沖縄に行って来ました。写真は空から見た沖縄の海です。ご覧になっておわかりのように、まさに「南国の海」です。空港に着いて驚いたのは暖かさ。冬だというのに気温は20度。冬の気配などどこにもありません。その大きな要因は太陽の光です。光量が多いのでしょうか、空が大きく、真っ青で、海も透明でエメラルドグリーンです。さらに、横浜とは空気が違うのです!緊張が緩む感じで、時間がゆっくり進んでいるような感覚を覚えました。

これはどこかと似ているなあ…。そうです、ハワイです。昨年9月にホノルルセンチュリーライドに参加しましたが、その時の感覚がよみがえりました。ということは…、ホノルルに行かなくても沖縄に行けばホノルルセンチュリーライドと同じ気分で走れるということではないでしょうか!

と思って沖縄に関するHPを見ていたらツール・ド・おきなわのHPがありました。その中で2006年大会は「沖縄本島一周センチュリーライド」と銘打って開催され、ゆっくりと観光を楽しみながら走るコースが設定されたようです。

ホノルルセンチュリーライドに行きたいけど、遠いし、お金と時間がかかるからちょっとと二の足を踏んでいた方、ホノルルだと友達がいっしょに行けないからと諦めていた方など、今年は沖縄センチュリーライドを考えてみられたらいかがでしょうか。

ツール・ド・沖縄に参加された方がおられましたら、どんな様子だったか、お勧めかなど自由にコメント下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)


この記事へのコメント
去年、ホノルルセンチュリーライドに行けなかったので、11月にツール・ド・おきなわに参加してきました。
大きな自転車大会は初参加です。
沖縄の自転車大会は他と比べ物にならない程良いよ!と聞いていましたが、本当に楽しかったです。
沿道で応援してくれる沖縄のおばあや子供達も一緒に楽しんでくれているといった感じです。
大会で知り合った方で、何回も参加している方が、
『沖縄は延々と真っ直ぐな道が続くと思われがちだけど、実は沖縄は坂道の島。
凄く大変だけど毎回参加してるのはいつも違うドラマがあるからだよ。』
と言ってました。確かに1日目は思っていたより坂道が多く、海の横風で倒れそうになったりと怖い思いをしましたが、
だからこそ完走出来て本当に嬉しかったです。
1日目の宿泊では、他の参加者の方と相部屋になりますが、
年齢が近い子同士を組み合わせてくれていたりと配慮がされていました。
私の部屋の子は皆多摩川近辺で走っていたので話しが弾み、
とても楽しい思い出になりました。
相部屋の子でホノルルに参加した子が話していましたが、沖縄の方がきついよと言ってました。
必死に走り終わった後の感想なので
わからないですけど。。。(^^;
1日目のタイムリミットは日没までで、
まだ走っている人は回収車に乗せられると聞いていましたが、19時過ぎても走って帰ってきた人は沢山いました。
でも日没過ぎると沖縄は街灯がなくて本当に真っ暗です。普通のライトでは間に合いません。
かなり危ないので日没前に到着出来るように頑張ることをお勧めします。
日没後に戻ってきた方の中で、
回収車のライトで照らして貰って走った方もいたようです。
1日目を走破できれば2日目は140km位でも何故か軽く感じます。
途中脱線してブルーシールに行きました。
最後は大会参加者全員でパーティです。
ブタの丸焼き、オリオンビール食べ放題、飲み放題。
大会で沢山仲良しが出来ますよ。
Posted by charinco at 2007年02月07日 18:12
charincoさん、お久しぶりです。ツール・ド・沖縄の紹介コメントありがとうございました。とても参考になる内容でしたので記事として紹介させていただきました。しかし、ツール・ド・沖縄に出場されたとは驚きました。いい体験をされて何よりです。今年はホノルルですか?またコメントをよろしくお願いします。
Posted by ヒロ at 2007年02月08日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。