2006年10月07日

ホノルルCR【自転車梱包編】

ホノルルセンチュリーライドに出たいけど、大事な愛車を傷つけないように運べるだろうかとご心配の方に安全に運ぶ方法を紹介します。

ハワイの結婚式 - 2308.jpgサイクルショップでもらえる自転車用のダンボール箱に自転車を納めるには左の写真のように、サドル、ペダル、ハンドル、前輪を外し、前輪はチェーンホイールとは反対側に縛り付け、ハンドルは右に90度切って、外したハンドルをフロントフォークに固定します。その際、前輪がフレームに当たってフレームに傷が付く恐れがあるのでフレームに古布を巻き保護します。フレームに古布を固定するのに選択竿を挟めるタイプの洗濯ばさみを使うと手早く簡単に固定できます。フロントフォークがダンボール箱を突き破らないように、サイクルショップでダンボール箱をもらう時に完成車に付いてくるフォークカバー(フォークエンドにはめ込むプラスチック製の小物)をいっしょにもらって取り付け、さらに写真のようにタオルで保護するといいでしょう。

ハワイの結婚式 - 2297.jpgハワイの結婚式 - 2299.jpgInterMax号も同様に分解、固定し、右の写真のようにダンボール箱に納めます。横からの圧力に耐えるようにダンボールをV字型に曲げて写真のように適当に挿入します。そして、隙間に取り外したペダル、サドルやウェア、ヘルメットを入れます。ボトルはボトルケージにはめておきます。そうそう、タイヤの空気は飛行中の減圧で破裂しないように適当に抜いておきます。

ハワイの結婚式 - 2343.jpgハワイの結婚式 - 2350.jpgハワイの結婚式 - 2500.jpg

空港でのダンボール箱の取り扱いは我々が望むほど丁寧ではありません。横にされたり、縦にされたりされる前提でパッキングしておきましょう。キャスター付きの箱は移動には便利ですが、空港でベルトコンベアーに載せる時に動くので逆さにされます。

ハワイの結婚式 - 2366.jpg輪講袋はフレームの変形の恐れがありますのでお勧めしません。






ハワイの結婚式 - 2515.jpgハワイの結婚式 - 2516.jpgハワイの結婚式 - 2519.jpg

セダンに乗られている方に自宅と空港間の自転車の輸送費を節約する方法を紹介します。ダンボール箱一つだと後部座席に載せて運ぶことができれば輸送費はかかりません。我々の場合は自転車2台だったので、往路は業者に任せました。復路は空港で自転車をダンボール箱から出して一台を後部座席、一台をトランクに入れれはスーツケースがあってもいっしょに入れることができました。ダンボール箱はばらして重ねれば2箱分が写真のように後部座席に収まります。

パッキングの方法を今頃紹介しても来年行かれる方には早すぎましたね。来年の適当な時期にホノルルセンチュリーライド参加者のために再度いろんなノウハウを紹介したいと思いますので、その頃またアクセスして下さい。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。