2006年08月15日

パンクの原因と対策

いつもこのブログをご覧頂いている方から以下のような質問メールを頂きました。私はチューブラタイヤ一筋ですので、クリンチャータイヤ(の方がほとんどと思いますが)に詳しい方、同様の経験をされた方はアドバイスをお願い致します。
1点、なにかお分かりのようでしたら、ご教授願いたくご質問させてください。
パンクについてなのですが、当方700X28Cのタイヤなのですが
購入後2ケ月にて前輪、後輪1回ずつ同じ原因にてパンクしており困惑しております。

通常のガラス・クギ刺さりや、リム打ちなどなら、諦めも付くのですが、当方の場合、チューブの内輪側の各スポークがホイールに接続されている若干、窪んだ部分にて穴あきが発生しております。以前は空気圧を規定内ギリギリまで入れた際に(6.8BAR)、数分後に「パン」という音と共にパンクしました。

とりあえず現在は前回自転車屋さんにて修理頂いた際に、念のためということで、少しいいリムテープを巻いており、チューブも日本製のものに取替えてみました。とりあえずいいリムテープ+日本製チューブで再発しなければ良いのですが、こういうパンクの現象って時折あるものでしょうか?

1年は我慢+鍛えるためと思い、新品ではあるもののヤフオクで購入した
聞いたこともないメーカーの2万円未満の激安車体のため、やはりこんなもの
なのかな〜とも感じております。コストダウンもパンク以外ならなんとか我慢出来るのですが・・・。

お忙しいところ申し訳ございませんが、どうかよろしくお願い致します。
パンクならナカさん、原因解析なら蛙王さんでしょうか?もちろんどなたでも構いませんのでよろしくお願いします。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)

posted by ヒロ at 23:43| ☔| Comment(10) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつも読ませていただいていますが、初コメントです。
私もちょうど同値段の激安車体を使っています。(最近それで始めたばかりです。もしや同じメーカー??来年くらいにはちゃんとしたの購入予定です)
それで、空気を夜に規定気圧程度に入れ、次の日の日中、暑くなってから急にパンクということがありました。
私に自転車を勧めてくれた友人に聞くと、やはりリムテープが悪いとのことでした。
Posted by katsumi at 2006年08月16日 02:08
十中八九、リムテープでしょうね。薄すぎるor端がケバ立っているリムテープを使ったか、あるいはリムのスポーク穴の幅に合っていない細いリムテープを使ったか……。パンクにはリム打ちパンクというのもありますけど、空気圧高めで段差を超えたとかじゃない状態でそれが起こるというのも考えづらいし。チューブの方は……それが新品でメーカー品だったら特に問題はないでしょう。値段の差というのはパンクへの耐久性というより、薄さとか軽さの方の関係ですから。

また自転車本体が無名ブランド品ということですので、ホイールのリム自体も精度が低いことが考えられます。穴のエッジ部分がすげえ尖ってるとか、ホイール自体がゆがんでいて、チューブの圧がどこか一カ所に集中しているとか。それは自転車屋さんにいって振れ取りしてもらえばすぐにわかる話です。いずれにせよ、パンクした箇所が具体的にホイールのどの部分だったかがわかれば、もっと詳しい原因もつきとめられるとは思いますが。

まあ、できるだけお金を掛けたくないという気持ちはわかりますが、例えば高速走行中のカーブでパンクしたら、命にも関わる問題です。安全を金で買うつもりで、ホイールだけもそこそこ良いものにした方がいいんじゃないかなあ、と。

ちなみに私の場合、シマノのホイール用にあまり評判の良くないパナレーサーの伸び伸びリムテープを使っていましたが、そういうパンクは一度もしたことがありません。キシリSLはリムテープいらないし。お薦めリムテープは、定番ですが硬めのミシュランかな? 嵌めにくいし一度嵌めたら位置調整は不可能(切って取り外すしかない)ですが、頑丈です。
Posted by 蛙王 at 2006年08月16日 12:04
katsumiさん、蛙王さん。
コメントのほど大変ありがとうございました。
大変参考になりました。

ちなみにメーカー名といいますか、車体に書いてありました名前は「Re:Turn off」とかいう名前でした。(メールの返信みたいですね・・・)

穴の空いた位置は後輪が空気入口から3cmほど離れた場所にあるリム部分で、前輪は同10cm程度離れた辺りでした。
(いずれもリム穴部分にて)

初めてのパンクの際に自転車屋さんでは、真っ先に緑色のリムテープを既存の上から巻いてくれ、いずれ前輪用にもと、部品だけ渡されたのでやはり原因はリムテープっぽいですね。
原因の種別的には「薄い」が該当するのかな〜と感じました。

あと少しだけの期間は、空気圧を若干低めにすること、乗らない際には少し抜いておくなどで、リプテープ保護を図り使いながらも、ご指摘の通り安全をお金で買うという点で早めに抜本的な対策をしてみようと思います。

今後はパンク対策というより、新車購入のための、カミさん対策になりそうです・・・。

色々とありがとうございました。
Posted by ロペス at 2006年08月16日 17:30
ロペスさん、私も同じやつですね。

学生のためあまり資金も無いのと、軟弱な私が、高いロードバイクを買っても本当に大丈夫かな?という確かめのためもあって、安いのを買ってみました。
現在新車のために貯金中です。
蛙王さんのおっしゃるとおり、やはり安全のためにという意識は大切ですね。
お金がたまるまでのとりあえずは私も足慣らし+ロードレーサー入門(?)の勉強をしたいと思います。
Posted by katsumi at 2006年08月16日 19:38
katsumiさん。
おなじ車体だったんですね〜。
妙な納得感を覚えました。
それにしてもなんというか、どーしょーもないモデルなんですね。パンク以外でコストダウンしてもらいたかったです。

まともなというか、ロードを買いたい衝動にかられて
ますが、自転車って結構しますよね。
単純比較は出来ませんが、原付バイクが一時期、
急激な低価格になったのとか見ちゃうと・・・。

なんででしょうね? 素材が高いのか。絶対数は
そんなに売れないのかな。

2ケタを超えてしまうと、家庭内稟議が厳しそうな
もので・・・。
Posted by ロペス at 2006年08月16日 22:20
リム穴のバリ取りすればいいと思いますよ。面倒ですが、効果覿面です。
高いホイールなんてそうそう買えませんもんね。
安いパーツでも手間を掛けてやれば十分使えます。
安いから安全ではないなんて言い草は、見ていて気分が悪いですよねー。
高いパーツを買えない妬みです(笑
Posted by 通りすがり at 2006年08月17日 11:19
パンクと言えば「ナカ」
と言われた本人で御座います。

最近めっきりパンクが減った私。
リムが原因でパンクした事が無いので、コメントを見させて頂き「へぇ〜っ!」なんて読んでおりました。

何もアドバイスしてないですね・・・

Posted by ナカ at 2006年08月17日 12:39
皆様方
多々アドバイスのほど大変ありがとうございました。

出来れば経験したくありませんでしたが、良き勉強となりました。
様子を見て、もし同様なパンクが再発するようでしたら、バリ取りしてみようと思います。

う〜んそれにしても軽い車体、より積極的なポジション、3気圧くらいは今より高そうな細いタイヤ・・・、ロードが欲しくなっちゃうこの頃です。
Posted by ロペス at 2006年08月17日 19:49
ちょうど同じような問題を、いま抱えていまして、関心深く拝見しました。
わたしのブログに、パンク状態の写真も載せていますのでご参考にご覧下さい。
Posted by サスケハナ at 2007年08月16日 12:01
わたしのクロスがパンクしたときは、リム内部を触ってみて引っかかった気がしたので軽くペーパー当てて拭き取り、リムテープを2重(薄いリムテープを貼ったあとパナのリムテープを付ける)にしたら、スポークの穴でのパンクは1度ないですよ。
Posted by きたけん at 2009年11月18日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。