2006年08月11日

レースは過程を楽しむもの

今年の1月に「レースのお勧め」を書きました。文字通りレースではなくイベントでも、あるいは「体育の日に伊豆半島一周しよう」というような個人の目標でもかまいません。レースと個人目標の差は「強制力」「逃げ場のなさ」だけです。

目標を持つと普段の走り方も変わってきます。人間何かに向かって挑戦している時はいろいろ考えたり、工夫したり、分からなかったら調べたり教えてもらったりします。そうするとその分進化します。だから一つの目標としてレースに参加することをお勧めしました。

私の今年のレース目標は4月のツール・ド・草津、6月のMt.富士ヒルクライム、8月の全日本マウンテンサイクリングin乗鞍、9月のホノルルセンチュリーライドでした。9月のホノルルは洋子さんの伴走なので、8月の乗鞍を目標にヒルクラム能力を高めていくことが目標でした。草津と富士山は乗鞍を目指す練習試合のような位置付けでした。

しかし、乗鞍のレース当日に用事ができたので今年は残念ながら棄権しなければならなくなりました。そうすると、ヤビツ峠に練習に行かないといけないなあという気持ちがなくなり、今年の後半は適当に走るだけの自転車生活になってしまうところでした。

そこへ仲間から富士チャレンジに行こうという話が持ち上がり新たな目標となりました。富士チャレンジは平坦路での高速走行耐久レース(イベント)です。

そうなると普段の走り方が変わります。今まではヤビツ峠のヒルクライムが練習で平地はただ普通に走るだけだったのが、平地でスピードを意識して走るように変わりました。

私の平地での巡航速度の推移は以下のとおりです。

流星号の頃
  25キロ:スポーツサイクルの入門者レベルの走りができるようになる。
  28キロ:心肺機能が高まり走る続けることが苦痛でなくなる。
  30キロ:ロードバイク的な走りになる。

InterMax号
になって
  33キロ:InterMax号に変わっただけでスピードが10%アップ

富士チャレンジに行く話がなければこれで止まっていたと思いますが、8月に入ってからは36キロ巡航を心掛けています。「あと3キロスピードアップするには何を変えればいいか?」答えが分かればこの場で紹介したいと思います。コンスタントに36キロ巡航ができるようになれば来年のヒルクライムも好記録が期待できると思います。

涼しい秋に思いっきり走れるような目標を立てて毎週末、あるいは毎日を走られることをお勧めします。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)


posted by ヒロ at 21:34| ☔| Comment(3) | アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

自転車について、凄く詳細に書かれてますね!

私のブログでも紹介させていただきました。
「今日のおすすめブログNo.28」です。

ランキングも押させてもらいました〜。

今後とも、よろしくおねがいします。
Posted by ぶろまろ at 2006年08月11日 23:00
ヒロさん、乗鞍参加見送りですか。残念ですね。
青梅名栗村GFの際も、AMBROSIOの軽量ホイールでしたよね。
富士チャレ200がんばってください。
私はそちらは都合がつかないので、参加できませんが・・・。
Posted by ヤスオ at 2006年08月13日 23:52
ポラールのサイクリングコンピュータを販売している『たきおんショップ』(http://sinpaku.seesaa.net/)と申します。
この度、seesaa shopでPOLAR CS200cadなどのサイクリングコンピュータの販売を開始いたしました。

現在アフィリエイトしてくれるブログを募集しております。
ぜひご検討ください。
アフィリエイトして下さった方が、商品購入する場合は、割引も行っています。
アフィリエイトして儲けて、さらに希望の商品を安く買おう!!

アフィリエイトの方法は こちらに載ってます。
http://dokndokn.seesaa.net/article/22325215.html
Posted by たきおんショップ at 2006年08月14日 11:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。