2006年05月06日

サドル高さの調節方法

いよいよ洋子さんが始動しました。と言っても、今回は今年初めてなので、足慣らしに自由が丘にランチに行く程度にしました。出掛ける前にサドルの高さと前後位置を確認しましたところ、両方とも最適ポジションからずれていましたので、10mm高くして、5mm前に出しました。今日はサドル高さの調整方法を紹介します。

具体的なやりかたはBiCYCLE CLUB2月号に載っていた我InterMax号の生みの親今中大介さんによる方法です。

【サドル高さ】

1.ペダルをこぐ時の脚の開き幅(Qファクター)の測定
Qファクター.jpg
  自転車の中心線からペダルに乗せた足の内側の端までの距離を左右
  それぞれ測定し、左右の値を合計します。SIRRUS号の場合はフロント
  ギヤがトリプルだったのでこの値が長く19cmもありました。
  ちなみに、InterMax号は14.8cmでした。

2.股下長さの測定
股下長さ.jpg
  1で測定した長さだけ離れた平行線を床に引き、その線に足の内側を
  合わせて立ち、その状態で厚さ5cm程度の本(サドルの代わり)を
  股に挟み、床からその本の上端までの高さを測ります。
  (ペダルに足を乗せて立ち上がった状態で股下の長さを測っている
   ことになります。)

3.サドル高さの計算
サドル高さ.jpg
  股下長さX0.875=BBセンターからサドル上面の距離


上式で計算したサドル高さにサドルの高さを合わせれば高さ調整は完了です。

明日はサドルの前後位置調整方法を紹介します。



人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)



posted by ヒロ at 11:56| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 入門の入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。Gonと言います。先週ブログを立ち上げたばかりの自転車初心者です。サドルの高さ調整法、大変参考になりました。早速調整して夜の町をポタリング。自分では運転しやすくなったかなと自己満足してます。明日のサドル前後位置の調整法も楽しみにしています。お礼にポチッと押しておきます。
Posted by Gon at 2006年05月07日 01:09
Gonさん、記事が参考になってなによりです。クリックしていただきありがとうございました。ブログを拝見しましたが糖尿病克服のために自転車通勤を始められるとのこと。片道16キロは長くなく、短くなく、ちょうどいい距離だと思います。無理せず事故のないように気を付けて頑張って下さい。私は大阪出身なので淀川堤防の写真など懐かしく楽しませてもらいました。サドルの前後位置調整の記事もご覧になって下さい。
Posted by ヒロ at 2006年05月07日 13:41
ヒロさんこんばんは、素人です。ヒロさんのサドルの高さはこの計算通りですか?私もBiCYCLE CLUB2月号をみて調節したのですが、峠で泣きそうな時に膝が必要以上に曲がって力が入らないような気がします。ペダリングのコツがあるのですかねー?よく言う「踏み込むより回転」のようなコツが・・・素人にはまだ理解できないのですが。
Posted by 素人 at 2006年05月08日 00:27
素人さん、サドルの高さですが、計算通りだと元々私が設定していたより10mm程低かったです。足を水平でなくつま先を下げるようにしてこぐとその分サドルは上げられます。計算値を基準にして自分で一番こぎやすい高さを試行錯誤で求められたらいいと思います。
Posted by ヒロ at 2006年05月08日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。