2008年06月18日

ラ・スコルサ

P1310171.jpg

私が意識して自転車に乗り始めたのは上の写真のランドナーを買ってからです。ナショナル自転車のラ・スコルサです。購入してから、泥よけを輪行仕様に改造したり、タイヤを交換したりしました。約10年前には父親が乗りたいというので、ドロップハンドルからフラットハンドルに交換しました。今でも実家に動態保存してあって、帰省した時には昔走っていた山道を走っては体力が落ちていないか確認しています。

P1310172.jpgハンドルバーにフロントバッグを取り付けて、さらに大きなサドルバッグを取り付けて、輪行であっちこっち出掛けました。タイヤは35mm幅なのでオフロードでも走れましたし、フロントのインナーギヤは(たぶん)28枚だったので、結構な勾配の坂道をグイグイ上れる頼もしい相棒でした。今は懐かしいSUNTOURのディレイラーが付いていて、希少価値かもしれません。

しばらくの間乗っていると、もっと「スポーティーな」自転車が欲しくなり、「スポルティーフ」に憧れましたが、そこに行く前に万博公園でサイクルレースを毎週末定期開催していた方と知り合いになり、その方のおすすめでいっきょにロードレーサーを買いました。それが「流星号」です。

ランドナーからロードレーサーに乗り換えた時は、走りの軽快さに驚きました。速さではロードレーサーに及びませんが、ランドナーにはロードレーサーにはないツーリングの夢や風情があるような気がします。

このブログでも過去にどのタイプの自転車がいいかという話題を取り上げて来ましたが、一つのタイプに限定するのではなく、それぞれの特徴を活かした楽しみ方をするのが一番だと思います。

ガソリンを燃やさないという意味では環境にいいばかりでなく、脂肪を燃やして健康にいい自転車がもっともっと見直されて、環境や健康問題の解決に貢献することができたらいいなあと思います。

人気blogランキングへ(クリックして応援して下さい。)
posted by ヒロ at 23:37| ☁| Comment(0) | 自転車選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


皆様のおかげでブログランキング上昇中です。これからもよろしくお願いします。
←ここをクリックして応援して下さい。